フォト
無料ブログはココログ

2018年8月17日 (金)

神経質礼賛 1536.自動掃除機能付エアコン

 ここ数日、ゲリラ豪雨のニュースが多い。超猛暑が過ぎ去り、そろそろ例年並みに朝晩が涼しくなってくるのではないかと期待している。今年は自宅でもエアコンを使う時間が長くなっている。かつてはエアコンのフィルター掃除は私の仕事だった。3年前、家の外壁塗装をした際に奮発してエアコンを全部買い替えた。H社の「ステンレス・クリーン 白くまくん」という自動掃除機能付の機種である。同メーカーで冷房能力は同等でも、以前の室内機よりどれもサイズが大きくなっていて、取付の際、業者さんが苦労していた。運転時間が一定時間を超えている場合、エアコンを切った後から自動的にフィルター掃除が始まり、「ウィーン、カチカチカチカチ」という音が10分弱続く。夜中だとこの音は結構気になる。自動掃除機能に安心しきって放置していたらフィルターが目詰まりしていたとか、カビが大発生していたというような話も聞くので、心配になり、初めてカバーを開けてみた。


 室内機が大きくなって壁スレスレなので、カバーが開けにくい。本来はコンセントを抜いてから開けるべきなのだが、子供部屋の室内機はサイズが大きくなって以前使っていたコンセントを塞ぐ形で取付られているので、やむなくそのまま開けた。どの室内機もフィルターはきれいでカビの発生はなかった。ダストボックスを外してみると、使用頻度の高い寝室とリビングでは少しホコリが溜まっていたので捨てた。やはり、自動掃除に任せきりにしないで、年一回位はチェックした方がいいだろう。


 エアコンを買い換えるという方に、この自動掃除機能付の機種を積極的にはオススメできない。まず、値段が高い。そして、前述の通り、室内機のサイズが大きくなってしまうし、夜間の掃除音が気になる。さらに、業者にエアコンクリーニングを依頼すると、構造が複雑なため、作業時間が長くかかり料金も高額になる、という点も留意しておく必要がある。

2018年8月13日 (月)

神経質礼賛 1535.今年の夏は蚊が減った?

 夜、寝ていて耳元近くで「プーン」という蚊の羽音に目を覚ます。飛び起きて夢中で蚊の退治をしたはいいが、すっかり目が覚めてしまってもう眠れない。あるいは、車の運転中に顔の近くを蚊が飛んでいるけれど、危なくて取れなのでイライラする。そのうちいなくなったと思いきやしっかり刺されていた。こういう不快な経験はどなたもお持ちだと思う。ところが、ここ1か月ほど、こういう体験がない。日中、窓を開けて風を通している病院の当直室も蚊が出ない。神経質ゆえ、例年ならば夜に窓を閉めてエアコンをつける時に必ず殺虫剤を散布しておくのだが、今年はすっかり忘れている。それでも蚊を見かけない。

 蚊に刺されるのは夏でも比較的涼しい夕方から夜、そして朝が多い。暑い日中はそれほど蚊も出てこない。気温が
32℃とか33℃を超えると蚊の動きが少なくなるということが言われている。今年の場合、夜や早朝も気温が下がらず、蚊の活動にも支障をきたしているのだろうか。例年ならばクーラー要らずの山間地に住んでいる人たちも「今年はクーラーなしではキツイ」「不思議と蚊が出ない」ということを言っている。また、蚊の数そのものが減っている可能性もある。少雨の猛暑が続いたから蚊の幼虫・ボウフラにとって好適な池や水溜りが減って、生育の場が十分になくて蚊の発生数自体が減っていることも考えられる。もっとも、この先、涼しくなってきた頃に大量発生することもあり得る。まだまだ油断は禁物である。

2018年8月10日 (金)

神経質礼賛 1534.正露丸

 入院患者さんが「正露丸を飲みたい」と言うことがある。薬の誤用や処方薬との相互作用が問題になることもあるので、入院中の人は正露丸などの胃腸薬、解熱鎮痛薬、目薬などの市販薬の持込みはお断りしている。「どうしてダメなんだ」となかなか納得してくれない人もいる。もっとも、開放病棟で森田療法を受けている患者さんだと、使い慣れた薬をこっそり持ち込んでいることはありうる。


 正露丸ほどロングセラーとなっている薬はないだろう。これを普及させたのは、あの森林太郎(森鷗外:
1521話)である。主成分の木(もく)クレオソートには殺菌作用があると考えられていた。陸軍軍医だった鷗外は脚気の原因が細菌だと信じていたから、正露丸の殺菌効果に期待して、脚気対策として予防的に兵士たちに服用させていた。脚気には効果はなかったものの、兵士たちの水当たり・腹痛・下痢の薬として広く役立ち、一般にも広がった。かつては士気高揚のため「征露丸」とされたが、第二次世界大戦後は「正露丸」になっている。一時は『買ってはいけない』という書籍で「クレオソートは枕木や電柱の防腐剤であり、劇薬である」と非難されたことがあった。しかし、これは石炭(コールタール)から作られる工業用クレオソートとの混同で、誤った見解である。なお、正露丸の作用は殺菌効果ではなく、主として腸内の水分調整作用にあることがわかっている。最近ではイカやサバなどの刺身による寄生虫アニサキス症の症状軽減作用も言われて、改めて注目されている薬である。


 私も子供の頃は正露丸を飲むことがよくあった。父の職場の健康組合から、何年かに一度もらう救急箱のセットの中に、必ず正露丸が入っていたからである。大人になってからは処方薬しか飲まなくなったけれども、考えてみれば正露丸は確かによく効いていた気がする。もっとも、私が腹痛や下痢に悩まされるのは、精神的に強いプレッシャーがかかった時と、腹が冷えた時である。多くは胃腸神経症だったかもしれないから、正露丸の独特の匂いをかいだだけでもプラセボ効果があったのだろうと思う。

2018年8月 6日 (月)

神経質礼賛 1533.男性の日傘

 毎朝5時半に起きてシャッターを開け、窓を全開にする。出かける前の6時半に一旦窓を閉める。全く涼しくならない。温度計を見ると30℃を超えたままである。公表される最低気温は26℃や27℃であっても、街中はさらに気温が高いので、一日中30℃を切らない日が続く。例年ならば昼は暑くても早朝に窓を開けると涼しさを感じるところだが、今年は明らかに異常である。各地で観測史上最高を記録している日中の最高気温は言うまでもない。暑さも寒さも何ともならないから、あるがまま、それはそうだけれども、今年のような異常な暑さの中では身を守るために工夫をこらす必要がある。勤務先の病院で行われている森田療法も、高温が予想される日は畑作業を行わず、涼しい病棟内での室内作業に変更されている。


 この頃、日傘をさしている男性を見かけるようになった。デパートなどで男性用日傘の売れ行きが非常に好調だというニュースがあった。従来、日傘は女性にとって日焼け予防の意味合いが強かった。今年の場合は熱中症予防の役割が注目されている。日傘によって頭部の表面温度上昇が抑えられるのだ。女性だけでなく男性にも有用なグッズと言えそうだ。

 日傘だけでなく帽子も熱中症予防に役立つ。ただ、私の場合は丸顔な上に短頭であるから、どうも帽子が似合わない。小学生の時の学年帽や中学・高校の学帽は嫌っていた。だから帽子は一つも持っていない。かといって日傘を新たに買おうという気も起きない。カバンの中にはいつも折り畳み傘が入っているから、あまりに陽射しが厳しい時にはそれを日傘代わりに使ってみようか、などと思うこの頃である。

2018年8月 3日 (金)

神経質礼賛 1532.五拍子の曲

 前話に出たホルスト作曲・組曲「惑星」の第1曲「火星」以外にも五拍子の曲はある。スラブ民謡では五拍子は珍しくないそうだ。チャイコフスキー最後の作品・交響曲第6番「悲愴」の第2楽章。優美なワルツではあるが、今ひとつ舞い上がれない重さや憂鬱さを感じさせる曲である。ショパン作曲ピアノソナタ第1番作品4の第3楽章も静かに流れるような曲ながら五拍子である。ムソルグスキー作曲「展覧会の絵」の中で繰り返し出てくる「プロムナード」では五拍子と六拍子が入り混じっている。


 ジャズの曲では「テイクファイブ」という曲がよく知られていて、ジャズは全く聴かないという方も知らぬ間にBGMとしてよく耳にしていると思う。そして、「スパイ大作戦」のテーマ曲「ミッション・インポッシブル」もやはり五拍子である。強い緊迫感が伝わってくる曲である。旋律だけ聞いていると一体何拍子なのかわからなくなる映画「マルサの女」テーマ曲もリズム楽器の音に耳を澄ませば五拍子であることがわかる。映画の表現する怪しい世界を一層引き立てる名曲かと思う。


 キッチリ・カッチリ・安定を好む神経質には四拍子が向いていそうだけれども、たまには五拍子の曲で気分転換を図るのも悪くない。

2018年8月 1日 (水)

神経質礼賛 1531.火星大接近

 昨日のニュースを見て、夜空を見上げた方も少なくないかと思う。15年ぶりに火星が地球に大接近して、マイナス2.8等級の明るさになっているという。地球は火星より速いペースで太陽の周りを回っていて、2年2か月ごとに火星を追い越した時に最接近するが、火星の軌道が楕円のため、最接近時の距離は大きく変化する。15年から17年に一度、大接近することになるのだそうだ。最接近の昨日は、月が出る前の午後8時頃が見頃とのことだった。8時過ぎにベランダから見ると、南東の空にひときわ明るく火星が赤く輝いていた。この明るさならば夜空が明るい市街地でも十分肉眼で見えるはずだ。ただし、形や模様まで観察するには大口径の天体望遠鏡が必要となる。それでも、将来、人類が住むようになるかも知れない火星を肉眼で見るには絶好のチャンスである。まだ9月初め位までは明るい火星を見ることができるというから、天気が良い日には空を眺めてみよう。普段、どうしても下ばかり向いて生活することが多いので、たまには背筋を伸ばして空を眺めるのは健康的で良い。


 火星というと思い浮かべるのがホルスト作曲の組曲「惑星」である。占星術のイメージから作曲していて、第1曲が「火星(マルス)戦争をもたらす者」となっている。緊迫感が強い曲で「タタタ・タン・タン・タタ・タン」という5拍子が強烈に頭に焼き付く。弦楽器奏者たちはコル・レーニョ奏法といって弓の毛の部分ではなく木の部分で弦を叩いてこの独特な音を作り出している。弓が傷だらけになりそうで、私だったらこの部分だけ練習用の弓を使うだろう。この曲の後に対照的な第2曲の「金星(ヴィーナス)平和をもたらす者」を聞くと、ゆったりと寝そべって秋の夜空を眺めているようなシアワセ感が得られ、実にうまい配列になっていると思う。

2018年7月30日 (月)

神経質礼賛 1530.とらわれる

 我々、神経質人間は何か事を起こそうというと、あれこれ考えて細かく計画を立てずにはいられない。それは神経質の美点である反面、やりすぎると自縄自縛になってしまうきらいがある。計画通りに事が運ばないと不満であり、「結果オーライ」にはなかなか満足できない。そして、日常生活の中でも自分で決めたルールにとらわれて、それを押し通そうとしがちである。森田先生は次のように言っておられる。


 「物にとらわれる」という言葉がある。ある考え・ある文句を標準として、モットーとして、自分の行為をそれにあてはめていく事である。久し振りに、休日であるから、「休む」という文句にとらわれる。散歩は「休む」事の範囲に属するけれども、ちょっと庭を掃除する事は、「仕事」の種類であるから、すべきものでないと心得るという風である。実は散歩でも同じ事であるけれども、それに気がつかないのである。

 ここの療法でも、この「とらわれ」がなくなれば、全治するのである。とらわれを離れれば非常に便利で、生活が自由自在になります。ここの入院患者も、とらわれのある間は、仕事が治療のため、修養のため、仕事のための仕事であって、少しも実際に適切しない。盆栽に水をやれば、やたらにやって、腐ってしまっても気がつかず、水をやる事をやめれば、乾いて枯れても、少しも知らないという風である。(白揚社:森田正馬全集 第5巻 p.239-240


 理屈はさておき、周囲の状況をよく見て、その時々に必要なことで体を動かしていけば、自然に「とらわれ」から解放されている。

2018年7月27日 (金)

神経質礼賛 1529.ある日の精神保健相談

 一昨日の午後は保健所の精神保健相談だった。厳しい暑さの中なので、熱中症に用心してスポーツドリンクのペットボトルを持って出かける。


 今回の相談は2件で、1件は、飲酒にまつわる問題。しかし、よくよく話を聞いてみると同棲しているパートナーのパーソナリティ障害が大きな要因になっているように思われた。もう1件は、いわゆる「新型うつ病」(
223話)かもしれないケース。妻の実家の家業を継ぐという条件で結婚した夫が仕事をしなくなり、以前の会社員時代に「うつ病」で休職した経験があり、それと同じような感じになっている、と言いながらも精神科受診は拒否しているというケースである。睡眠障害も食欲低下もなく、趣味には熱中している、他罰的で妻やその両親には種々の要求をしてくる、となると、明らかに古典的なうつ病ではない。家業が本人にとって面白くないということもありそうだ。詐病や疾病逃避も疑われる。こういうケースは対応が難しい。休むように指導するか、それとも背中を押して働くように仕向けるか。診立てによって対応が180度変わってくる(287312313328353407458話参照)。そして「人を見て法を説け」(1487話)ということにもなってくるので、ともかく、夫の両親とも連携して精神科を受診するように勧めておいた。


 相談を終えて近くの三島二日町駅で三島行の電車を待っていると、見たことがない派手なラッピング車両が入ってきた。アニメ風の女の子たちの絵が大きく描かれている。
HAPPY PARTY TRAINというもので、架空のアイドルグループAqours(アクア)のメンバーが描かれているのだそうだ。私のような中高年にとっては、静岡鉄道の「ちびまる子ちゃん電車」はまだしも、伊豆箱根鉄道のこの電車はもはやついていけない世界である。電車に乗っていると急に大雨が降り始める。このところの極端な暑さと雨不足で農作物の成長に支障をきたしているので、良いお湿りである。

2018年7月23日 (月)

神経質礼賛 1528.禁断の食物

 このところ明け方になっても気温が下がらず30℃近い。寝る前にエアコンを入れてタイマーで切るようにしているが、エアコンが切れると3時とか4時には目が覚めてしまう。仕方がないので、いつも起きる5時半までは横になっている。一昨日は土日月と当直勤務が続くので、少し早めの5時に起き出して、TVを点け、前日に届いた同窓会雑誌を読んでいた。すると、NHKニュースの中で、「松陰先生禁断の大福餅」が販売されているという話が出て、思わず雑誌を置いてTVに目を遣った。


 幕末の思想家・教育者の吉田松陰
(1830-1859)は江戸遊学中、必要な書を買うために非常に切り詰めた生活をしていた。几帳面な松陰は使ったお金を全部「費用録」に記している。食事は長州藩邸で炊いてもらった御飯を梅干しと味噌で食べ、腹八分目にしていて、酒は一切飲まなかった。しかし、そんな松陰がどうしても我慢できなかったのが大福餅だった。今のお金で160-70円程度だったというから、決して贅沢ではない庶民の食物である。それを多い時は月に6回買ってしまい、後悔の念にかられたのか、費用録には「自分にがっかりする」とまで書き込んでいるそうだ。松陰の生真面目さが伝わってくるとともに、禁断の大福を食べる至福の松陰先生が微笑ましくもある。やはり、人間には適度な遊び、休符も必要である。


 我らが森田正馬先生の禁断の食物といえば、
1506話に書いた茹で卵とカレーライスかもしれない。食べ過ぎを心配する奥さんの久亥さんに隠れて勤務先の病院に出向いて存分に食べておられた。しかしそれ以上の禁断は何と言っても酒である。森田先生は若い頃から大酒家だった。自宅兼診療所で森田療法を行うようになってからも、助手の佐藤政治医師をお供にして晩酌を楽しんでおられた。久亥さんは先生の酒量を減らそうとするが、森田先生も負けずに量を減らされないように出された酒の量を測ったという話まである。「もう半分」と先生から空の徳利を渡された久亥さんがそれを手にしたまま話し続けてなかなか立ち上がろうとしないのを見た佐藤医師が「飲ませてはいけない先生に飲ませてあげたい、という切羽詰まった心が勝って、病院でも飲ませ過ぎてしまうことがある」と言うと、久亥さんは即座に「あなたがそうなら、私はもっと飲ませたい」と返したという。強い夫婦愛が伝わってくる話である。

2018年7月20日 (金)

神経質礼賛 1527.騙(だま)し騙し使っていく

 中高年の患者さんたちの話を聞いていると、種々の身体的な不調に関する訴えが多い。頭痛、めまい、動悸、関節痛、微熱、顔のほてり、手足のしびれ、腹部の不快感など実に多岐にわたる。こうしたサインがガンなどの重大な病気の初期症状の可能性はあるけれども、心配して内科・外科・整形外科などを受診して血液検査、レントゲン、CTなどの検査を受けても特に異常は見つからず、気休めの薬を処方されて「様子をみましょう」ということも少なくない。女性だと「更年期障害かもしれませんねえ」という結論になったりする。そこで、また別の医療機関を渡り歩いてドクターショッピングをしたのでは、同じような検査を繰り返し行われることになり、医療費の無駄遣いにもなる。実は「経過をみる」ということも医療上は意義のあることで、症状が悪化した時に前と同じ医療機関で診てもらえば、検査値や画像の変化がわかり、正確な診断・治療に結びつきやすいのである。


 楽天的な人だと咳がひどく出ていても平気で喫煙し、体調が悪くても飲酒してしまう。その点、神経質な人は身体的な不調に目が向きやすく、ちょっとした不調が重大な病気のサインではないかと心配し、昔なら家庭の医学の本を読み漁り、今ならネット検索で調べまくる。その 結果、注意集中→感覚鋭化→意識狭窄→注意集中→・・・という森田正馬先生が言われた「精神交互作用」の悪循環をきたしてとらわれを深め症状を固着させてしまうことにもなる。


 医療機関で検査を受けても明らかな異常がなかったのであれば、今のところ正常範囲として、健康人らしく仕事をしたり家事をこなしたりしていくことである。かくいう私にも身体的な不調は出たり引っ込んだりしている。「まあこんなもの
(111)と思って、無理のない程度に騙し騙し体を使っていきましょうよ」という患者さんたちへのアドバイスは自分自身への言葉でもある。

«神経質礼賛 1526.不安と緊張

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31