コンタクト

アドレス(URL):

自己紹介文

 自他ともに認める神経質人間です。浜松医科大学助手として大原健士郎教授のもとで森田療法を担当していました。大原教授の定年退官後は、三島森田病院に移り、森田療法を含めて精神科診療全般にたずさわってきました。単に治療のための森田療法ではなく、森田正馬先生の考え方を実際の生活の中で生かす「森田的生き方」に関心を持っています。当ブログは平成18年(2006年)より公開しています。(ペンネーム:四分休符)
 2011年にブログ関連本『神経質礼賛』(白揚社:本体価格1600円+税)を出版いたしました。
 当ブログでは著名な神経質者をたびたび紹介してきました。徳川家康は歴史に残る偉大な神経質者です。家康公四百年祭の2015年に、静岡県文化財団編・しずおかの文化新書19『家康 その一言』が出版となりました。小生が主著者として執筆しています。家康の人生を辿りながら「隠れ森田本」でもあります。本体476円+税とお手頃価格です。お近くの書店から注文できます。
 2020年に長年勤務した三島森田病院を退職し、掛川市内の精神科病院で仕事を続けています。

興味のあること

ヴァイオリン・ヴィオラ演奏(といっても今は院内行事の際に患者さんたちの前で弾くだけです)