フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 109.うつ病とこころの健康づくり(2) | トップページ | 神経質礼賛 111.まあこんなもの »

2006年9月29日 (金)

神経質礼賛 110.飲酒運転

 福岡市職員による飲酒運転で幼児3人が亡くなるといういたましい事故が起き、飲酒運転撲滅の機運が高まっている。しかし、毎日のように公務員の飲酒運転のニュースが流れている。飲酒運転は常習性がある。「これくらい大丈夫」「自分だけは事故を起こさない」という過信がどこかにあるのだろう。前述の職員は泥酔状態だったというが、運動機能に影響がない程度の飲酒であっても、判断能力が低下し、運転は極めて危険である。しかも、気が大きくなって、信号無視したりスピードを出しすぎたりするから大きな事故につながりやすい。葬式帰りの車が事故を起こして新たな死者を出すことは時々あるが、決して死者が呼ぶわけではなく、いわゆる「精進落し」で飲んだ酒が原因ではないかと思う。電車やバス、タクシーなどの交通の便が良い都会では、「飲んだら乗るな」が徹底しやすいが、自家用車での移動が大前提となっているような地方では、「乗るなら飲むな」を徹底するしかない。もう20年ほど前、山梨のワイナリーを見学した時、運転者はリボンを付け、ワインの試飲の代りにグレープジュースを試飲するようになっていて、感心した記憶がある。飲食店でもこういった工夫をしたらいいと思う。運転者にはアルコールを出さない代わりに何か一品サービスすると歓迎されるのではないか。最近の新聞記事によると、駐車場付の居酒屋チェーン店で、運転手には「アルコールは飲まない」という誓約書を書いてもらっているところもあるという。

 こと飲酒運転に関しては、神経質の完全主義がよろしい。ちょっとでも酒を飲んだら運転しない。酔い覚ましにコーヒーを飲んでから運転するとか、時間をおいて酔いを醒ましてから乗って帰ればいいや、などという融通はしないものである。

« 神経質礼賛 109.うつ病とこころの健康づくり(2) | トップページ | 神経質礼賛 111.まあこんなもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 109.うつ病とこころの健康づくり(2) | トップページ | 神経質礼賛 111.まあこんなもの »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30