フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 136.モーツァルト・イアー | トップページ | 神経質礼賛 138.さらにもうひとつの記念年・ショスタコーヴィチ »

2006年12月22日 (金)

神経質礼賛 137.もうひとつの記念年・シューマン

 モーツァルト・イアーの陰に隠れてしまったが、音楽界では、今年はもうひとつの記念の年、シューマン(1810-1856)没後150年記念でもあった。シューマンはピアニストとして出発したが指の障害を機に、作曲に専念するようになった。もともと文学に造詣が深かったシューマンは「トロイメライ」に代表される詩的なピアノの名曲を数多く残しているし、交響曲もよく知られている。ただ、管弦楽曲はユニゾン(同じ旋律を複数の種類の楽器で演奏すること)が多いためか、聴いていてちょっと物足りなさも感じる。とは言え、情感豊かな旋律はとても魅力的である。昔、中学や高校の合唱で「流浪の民」を歌ったり聴いたりして感銘を受けた人も少なくないであろう。ピアノと無縁の私が弾くことがある曲は3つのロマンス(元来オーボエの曲で、ヴァイオリニストのクライスラーがヴァイオリン用に編曲)である。

 シューマンが自殺を図り、精神病院で最期を遂げたことはよく知られている。幻覚・妄想があり、父親や姉やシューマンの末子にも同様の症状があったと言われており、統合失調症とも考えられるし、神経梅毒だったとも考えられている。元来の性格は循環気質であったと思われ、「子供の情景」の作品からもうかがえるように子煩悩であったようだ。

 神経質人間はどうも現実的過ぎてしまう傾向があるが、時にはシューマンのロマンティックなファンタジーの世界に浸かってみるのもよいのではないだろうか。

« 神経質礼賛 136.モーツァルト・イアー | トップページ | 神経質礼賛 138.さらにもうひとつの記念年・ショスタコーヴィチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 136.モーツァルト・イアー | トップページ | 神経質礼賛 138.さらにもうひとつの記念年・ショスタコーヴィチ »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30