フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 149.期限切れ牛乳使用事件 | トップページ | 神経質礼賛 151.富久者有智 遠仁者疎道(ふくはうち おにはそと) »

2007年1月29日 (月)

神経質礼賛 150.動中の工夫は静中に勝ること百千億倍

 1月のある日曜日、仕事で東京に行く用事ができた。せっかく行くのだから少し早めに出かけて、有楽町駅で降り、出光美術館に立ち寄ることにした。日曜日の午前中ということで、駅から美術館への道は人通りも少なく、強い北風に向かって歩く。

 「書のデザイン」というテーマの展示で、残念ながら今回は仙厓(8990話参照)の書画の展示はなかった。展示の中で最も印象に残ったのは白隠恵鶴の「動中工夫勝静中百千億倍」(動中の工夫は静中に勝ること百千億倍)という書(個人蔵)である。動中の「中」の字が紙面中央に太く大きく長く書いてあり、強烈なインパクトがある。

 森田正馬先生の講話の中に白隠禅師はたびたび登場する。釈迦・親鸞とともに、強迫観念を克服した神経質者として挙げられている。白隠禅師は子供の頃、寺でお経の講義を聞いて地獄の恐ろしさにとりつかれ、地獄の苦しみから解脱したいと出家したと伝えられている。このあたりは、子供の時に寺の地獄絵を見て、死の恐怖にさいなまれた森田先生と共通している。

禅の立場からの解釈はまた違ったものがあるかもしれないが、この言葉は神経質人間にピッタリだと思う。森田先生の数ある色紙の中にこの言葉がないのは不思議である。神経質はどうかすると考えるばかりで行動が伴わないことがある。どんな良い考えでも実際の行動に移さなければ価値はゼロに等しい。めんどうだな、嫌だな、心配だな、と思いながらもノロノロでも行動すれば、その価値はゼロに比べれば無限大である。だから森田療法では「行動本位」という指導になってくる。さらに、仕事でも勉強でも家事でも、実際の行動の中で創意工夫をこらして次の行動に結び付けていくことで、より価値を高めていくことができるのである。

« 神経質礼賛 149.期限切れ牛乳使用事件 | トップページ | 神経質礼賛 151.富久者有智 遠仁者疎道(ふくはうち おにはそと) »

コメント

 最近の体験談をご紹介したいと思います。「掃除に学ぶ会」というのに参加しました。イエローハットの元社長が始めた徹底的なトイレ掃除で心を磨こうという会です。私は幸福になる方法、急成長できる方法をさがして紹介していますが、これが最も短時間で大きな効果があると感心しました。参加者は一人で2時間一つの便器を徹底的に洗いピカピカになるよう一所懸命になります。でも次々と落ちにくい汚れが見つかり、時間が足りないほど忙しいのです。掃除の後の体験発表で20歳過ぎの若い男の人が「便器がきれいになるとともに心の中からきれいになったようです」と言いました。多分多くの同感者がいたでしょう。
 それとともにはじめの会のとき、心の病ではないかと思われる同年代の男の人がいました。少しでもよい効果を得ていただいていたらと思っています。
詳しくはhttp://www.geocities.jp/sojinimanabu/
私の最新のホームページです。会へのリンクも付けています。プラス思考の神経質者を生み出す方法だとも考えています。神経質の人が安定した前向きな心をつかめばたいへんな働きができるようになります。人に対する気配りや緻密な考えができるからです。

無学求道様
 貴重な御体験談、ありがとうございました。全くその通りだと存じます。当ブログでもかつて第30話「掃除のススメ」でトイレ掃除については取り上げております。トイレ掃除ばかりでなく、浴室の壁のカビ落しも私はよくやっています。まさに神経質の活かしどころだと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 149.期限切れ牛乳使用事件 | トップページ | 神経質礼賛 151.富久者有智 遠仁者疎道(ふくはうち おにはそと) »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30