フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 147.納豆の効果? | トップページ | 神経質礼賛 149.期限切れ牛乳使用事件 »

2007年1月22日 (月)

神経質礼賛 148.フードファディズム

 前話の納豆騒動について、平成19121日付読売新聞の報道では、フードファディズム(food faddism)の問題としてとらえており、群馬大学の高橋久仁子教授(食物学)のコメントが載っていた。今まで紅茶キノコをはじめ数多くの食品がマスコミに取り上げられてきたが、「これさえ食べればやせる」という食品は存在せず、フ-ドファディズムは食生活を乱すだけだ、とのことである。また、それに便乗するメディアの問題についても指摘されていた。フードファディズムとは、ある特定の食品を食べるだけで健康になるとかダイエットできるといった情報を鵜呑みにして、偏った食生活をすることをいう。ちなみにfadとは「気まぐれ」とか「一時的流行」を意味する単語である。

 高価な健康食品やサプリメントと異なり、納豆という安価で容易に手に入る食品だけに乗せられた人が多かったのだろう。また、「みんながやっている」に弱い国民性で口コミでも拡がり、この騒動に発展したのだと思う。幸いなことに実害はなかったようだが、今後も同じようなことが起こる可能性があり、健康被害が生ずる危険性もある。もっとも、神経質人間は簡単には乗せられにくいとは思うが。

ダイエット食品で騒いでいるうちはまだ平和でいいが、簡単に騙される国民たちが「美しい国ニッポンを守るためにみんなで戦いましょう」なんて煽られたらどうなるのだろうか。政治が情報操作をするのは危険極まりない。政党や宗教団体のTVCMがむやみに流されていて心配になるこの頃である。

 とにかく、これでまたスーパーの店頭に納豆が戻ってきて、我が家の食卓にも再登場することになるだろう。「えー!また納豆?」と子供たちの不満の声が上がるのは、時間の問題である。

« 神経質礼賛 147.納豆の効果? | トップページ | 神経質礼賛 149.期限切れ牛乳使用事件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 147.納豆の効果? | トップページ | 神経質礼賛 149.期限切れ牛乳使用事件 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30