フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 173.法隆寺宝物館 | トップページ | 神経質礼賛 175.悪徳商法 »

2007年4月 9日 (月)

神経質礼賛 174.抱き合わせ商法

 子供たちが「ニンテンドーDSが欲しい」と言い出した。平成教育学院というTV番組のCMで漢字検定ソフトの存在を知り、これ幸い「勉強にも役立つから」と言い出したようだ。長いことゲーム機なし、パソコンのゲームだけでガマンさせてきたので、自分の貯金で買うのならいいよ、とOKした。品薄のため、家電量販店の店頭にはなく、大型玩具店でも予約待ちである。たまに客寄せに数台出るが、整理券をゲットするために早朝から並ぶのだという。結局、以前通っていた小学校近くの玩具店で予約を入れた。ただし、その店でソフトを2本買うのが条件である。一人目が約2週間後、二人目が約4週間後に入荷した。

 ゲームソフトの場合はどっちみち買うことになるからまあいいのだろうが、どうもこの種の抱き合わせ商法は好きになれない。抱き合わせの例はいろいろある。違法ではないが、建築条件付の土地販売も実態は抱き合わせ商法に近い。土地の価格を安く表示して、家の建築費の方で儲けようということなのである。量販店のチラシに大きく書いてあるパソコンの価格も指定プロバイダと新規契約した場合の割引価格である。プロバイダからの販売促進費で本来の価格より3万円安い表示になっている。携帯電話の「0円」CMも問題になった。いろいろな条件を満たさないとゼロ円ではないのに条件が見えないくらいの小さな字で書かれていた。消費者のサイフのヒモが固いためか、こういった違法スレスレのチラシが多い。

 その点、神経質人間は、注意深く確認してから意思決定するので、この種のものに惑わされることは少ないであろう。

« 神経質礼賛 173.法隆寺宝物館 | トップページ | 神経質礼賛 175.悪徳商法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 173.法隆寺宝物館 | トップページ | 神経質礼賛 175.悪徳商法 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30