フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 183.野球特待生問題 | トップページ | 神経質礼賛 185.五月病 »

2007年5月11日 (金)

神経質礼賛 184.ジェットコースターの惨劇

 先週、こどもの日に大阪の遊園地「エキスポランド」のジェットコースターで大事故が起こった。走行中に車軸が折れて脱線し、一人が死亡、一人が重傷、他の乗客も負傷するという惨劇となった。亡くなった娘さんは父親を交通事故で亡くした不幸にもめげずがんばってきた人だそうで、この日は会社の同僚たちと遊びに来て、事故に巻き込まれてしまったとのことである。残されたご家族の心情を思うと、何ともお気の毒である。

 同じメーカー製のジェットコースターがある他の遊園地では車輪や車軸を交換していたのに、エキスポランドでは15年間一度も交換していなかった。また、定期的に行う検査も、他のアトラクションを導入したからという理由で連休明けに延期していたという。そして検査もしないのに監督官庁には異常なしの報告書を出していた。

 この事故の陰で目立たなかったが同じ日に福井県の遊園地でも2人乗りジェットコースターの追突事故があり、負傷者を出している。事故の直接原因は担当者の人為的なミスのようだが、ここでも定期検査がずさんだったことが後から発覚した。

 大事故はえてしてこういう時に起こるものである。「ちょっとくらいいいさ」という融通が人の死に直結してしまうから恐ろしい。そう言っているうちに今度はジェットコースターではないが山陽自動車道でトラックが社員旅行のバスに追突し、多数の死傷者が出た。トラックの運転手がタバコを取ろうとしてわき見運転していたのが原因とのことである。自動車の運転を含めて、人の命にかかわるような仕事において「鈍感力」は厳禁である。大いに神経質でなくてはならない。

« 神経質礼賛 183.野球特待生問題 | トップページ | 神経質礼賛 185.五月病 »

コメント

この事故のニュースを知るやいなや、先生の
「神経質が足りない!」を思い出してしまいました。
ここで取り上げてくださってありがとうございます。

「神経質でいいのかも」様へ
 コメントをお寄せいただきありがとうございます。いつもこのような大事故が起こるたび、「神経質でいいのだ」と思います。今回の事故でも関係者に神経質な人はいなかったのでしょう。ビクビク・ハラハラの時には事故は起きにくいのです。事故は気が緩んだ時、慣れた時に起こるものです。ぜひ神経質を仕事や生活に生かしていただければ、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 183.野球特待生問題 | トップページ | 神経質礼賛 185.五月病 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30