フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 211.松下幸之助のこと | トップページ | 神経質礼賛 213.朝青龍が神経衰弱?? »

2007年8月 6日 (月)

神経質礼賛 212.恐怖突入

 夏はプールの季節である。私は運動神経が鈍く、水泳も苦手だった。小学校6年の時に友人と毎日学校のプールに通って特訓してやっと50m泳げるようになったのだが、頭から飛び込むというのがなかなかできなかった。みんなやっていることだから何でもないはずなのだが恐怖心が先に立ってしまうと足はすくむし体は硬くなるし、どうしようか、とモタモタすることになる。しかし、思い切ってやってしまえば、別段恐れることでもないことがわかってくるものである。恐怖の中に飛び込んでしまえば、もう恐怖ではなくなっているのである。

 神経症にみられる種々の恐怖症も、いわば「案ずるより産むはやすし」なのであるが、恐怖のために行動しないでいると、ますます恐怖感が強まってしまうものである。

 私が浜松医大に勤務していた頃、重症の不安神経症(パニック障害・広場恐怖)で入院してきた患者さんがいた。父親が心筋梗塞で急死したことをきっかけに、動悸やめまい感などの症状が出現し、薬物療法では改善しないため森田療法希望で入院となった30代男性A氏である。当時、作業療法を行う畑は病院から1km以上離れた農家の畑を借りていたので、この人にとっては恐怖であった。病院内ならば何かあってもすぐに助けてもらえるだろうが、もし、畑との往復で症状が出たらどうにもならない、ということで、絶対に畑作業には参加しようとしなかった。私が外来診察していると、病棟から内線が入った。「またAさんが畑に行きません」と。これでは入院していてもよくなるはずはない。外来の患者さんには待ってもらい、A氏の部屋に行くと、A氏はフトンを被って寝ていた。私はフトンをはがして恐怖におののくA氏をベッドから引きずり降ろし、有無を言わさず畑へと引っ張っていった。「もうダメです。心臓がバクバクいってます」という泣き言にも、「大丈夫だから、その先の交差点まで行こう」と引っ張る。心電図で異常がないことはわかっているのでこちらも強気である。ヤクザなようだが、治ってもらうためにはこの位の気迫は必要である。私自身神経質であるから、今ここで「恐怖突入」させれば良くなる、というツボは心得ている。こんなことを3回繰り返してA氏は畑に行けるようになり、めきめき良くなった。「ちっとも良くなっていません。苦しいだけです」と本人は言うが、入院3ヵ月後には片道3時間ほどかかる外泊も問題なくでき、森田グループのリーダー役もこなせるようになった。

 実はこの話にはオチがつく。A氏の退院の見込みがついた時に、私が急に転勤になってしまった。後任の先生は、「調子が悪ければやらなくてもよい」という対応だった。すると、たちまち症状は逆コースをたどった。後で聞いたところ、A氏は森田療法患者の最長入院記録を作ってしまったということだ。

 物事に慎重なのは神経質の美点ではあるが、苦手なことであっても恐怖を感じることであっても必要なことは先送りせずに思い切って恐怖突入することが大切である。

« 神経質礼賛 211.松下幸之助のこと | トップページ | 神経質礼賛 213.朝青龍が神経衰弱?? »

コメント

「恐怖突入」は森田神経質で停滞している人にとって、横っ飛びに目覚めさせる、素晴らしい方針です。
 
この指導ができるのは、心身の他の病状がないことをきちんと診断できるドクターの炯眼が必要ですね。

素人が森田療法を語るとき、この医師の診断を抜きにして精神論ばかりになるのは危険だと思います。

落ちの話ですが、
‘調子が悪ければやらなくてもよい・・・、
 たちまち症状は逆コースをたどった’

せっかく森田療法のコースに入ったのに、これはひどいですね。

神経質者は、やらない理由、休む理由を語らせたら誰にも負けませんからね(笑)

ドクターの方々でも、真に森田療法を理解なさっていらっしゃる方が少ないのは、とても残念ですね。

たらふく様

 コメントいただきありがとうございます。

 いつも神経質礼賛ジャングル内を探検していただきありがとうございます。親切に元記事にリンクするようにしておけば良いのですが、熱心な方はあれこれ見ていくうちにお気に入りの記事がみつかるかも、ということなのです(影の声:単に怠けているだけだろ!)。

 そうなんですよ。神経質者に症状を語らせたら実に雄弁です。本当に対人恐怖か?と疑うような人もいます。その能力を症状ではなく、仕事に向けたらどんなに活躍できることでしょうか。

 「エビデンス」が重視される昨今、マニュアルに沿って治療を行うことは大事なのでしょうけれど、神経質の治療に関しては、やはり森田先生の言われるように「治療者の気合に触れる」ということが大切だと個人的には思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 211.松下幸之助のこと | トップページ | 神経質礼賛 213.朝青龍が神経衰弱?? »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30