フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 226.上げ底 | トップページ | 神経質礼賛 228.リタリン依存 »

2007年9月19日 (水)

神経質礼賛 227.名刺

 病院にやって来る製薬メーカーのプロパー(営業)さんたちは、初対面でなくても必ず名刺を置いていこうとする。毎週来ている人でもそうである。他の先生方は受け取って捨てているようだが、私は「再利用して下さい」と言って必ずお返ししている。たかが名刺であっても作るには1枚あたり数十円かかる。最近はカラーのものや、顔写真付のものも見かける。捨てるのはもったいないし、失礼でもある。私は名刺入れで整理するほど几帳面ではなく、机の引き出しに重ねて入れているだけだが、受け取った日付を鉛筆で書き込むようにしている。これは後で意外と役に立つことがある。

 勤務医をしていると、意外に自分の名刺を出す機会は少ない。措置診察(主として触法行為を犯した精神障害の疑いのある人を都道府県知事命令で強制入院させるかどうか判断する診察)で一緒に診察する初対面の先生と名刺交換するくらいである。最近は学会も極力日帰りで済ますことが多いため懇親会に出て名刺交換をするような機会も少ない。以前は病院で名刺を作ってくれなかったので、自費で名刺を作ったもののあまり使わなかった。そうこうしているうちに病院の市外局番が変わり、ついには病院も移転して、この名刺はムダになってしまった。ようやく病院側で名刺を作ってくれたが、やはりあまり出す機会はなく、十分に余っている。

 今はパソコンで手軽に名刺が作れる。市販の名刺用紙(A4サイズで名刺が10枚作れる)を買って、無料ソフトを使えば、プライベート用には十分なものが作れる。ただし、100円ショップで売っている名刺用紙では紙質が少々悪く、切り取りのミシン目もやや粗いので、やはり400-500円してもパソコンショップなどで用紙を買った方が良いようだ。最近「神経質礼賛」の名刺を作ってみた。神経質な性格に悩んでいる方にお渡しするようにしている。

« 神経質礼賛 226.上げ底 | トップページ | 神経質礼賛 228.リタリン依存 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 226.上げ底 | トップページ | 神経質礼賛 228.リタリン依存 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30