フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 222.理不尽な要求 | トップページ | 神経質礼賛 224.卒論代行業者 »

2007年9月 7日 (金)

神経質礼賛 223.新型うつ病

 9月3日夜のNHKのクローズアップ現代は「キレる大人出現の謎」というテーマだった。私は最初から見なかったが、歩道を歩いていた女性が後方から自転車で追い越そうとした人にベルを鳴らされてキレたことをきっかけに精神科を受診したところ「うつ病」と診断された、という症例から見始めた。今話題のいわゆる「新型うつ病」ということなのだろう。

 従来、典型的なうつ病になりやすい病前性格として、メランコリー親和型といわれるものがある。この性格類型の人は、几帳面で秩序を重んじ、自己に対する要求水準が高く、対人関係でも誠実で良心的である。こういった人がうつ病になると、自罰的で、「自分の努力が足りない、周りの人たちに申し訳ない」と思い込みがちである。ところが、最近は20-30代女性を中心に他罰的で攻撃的な「非定型うつ病」別名「新型うつ病」が増えていると言われる。売れっ子の香山リカ氏は「三〇代うつ」と呼んでいる。

 実は他罰的で攻撃的な「うつ」は以前から大学病院ではよく見かけた。従来診断で「抑うつ神経症」と呼ばれるものである。典型的なうつ病よりは軽度であり、不安症状が強く、状況依存的(周囲の状況で症状が左右される)であるのが特徴で、多くは演技性、依存性などの人格障害を伴っている。いわゆるヒステリー性格であることが多い。Y-G(矢田部・ギルフォード)性格検査を行うと、情緒不安定で外向的・攻撃的でB型(ブラックリストタイプ)を示すことが多い。こういう人たちは精神病院では満足できず、大学病院に集まりがちである。この抑うつ神経症は現在のICDやDSM診断では、うつ病か気分変調症に分類されてしまため、うつ病という診断がなされるケースが増えているのだろう。境界性人格障害(いわゆるボーダー)も病像によっては「うつ病」と診断される。ICDやDSMは病因を無視して、病像だけで機械的に診断を付けるためにこのようなことになるのだ。従来診断に比べて「うつ病」がどうしても多くなる。私の考えでは「新型うつ病」と称するものの多くは、従来の「抑うつ神経症」の可能性が高いように思う。さらに、最近の特徴としては、自己愛の病理が強い人が増えていることである。前話のような社会風潮とも関連するだろうか。そういう人は、受験や仕事の失敗・失恋などの挫折体験をした時、自分で受け止めて内省が深まれば性格が改善されてくるのだが、他人のせいにすることで自己愛を防衛しようとする。攻撃は最大の防御ではあるが、周囲には大変な迷惑を及ぼすのである。そして自己愛はさらに肥大していく。ある意味で困ったプラス思考である。当然ながら抗うつ薬の治療だけで根本的な治療にはならず、長い年月をかけて人格を改善していかなければ解決にはならないだろう。

« 神経質礼賛 222.理不尽な要求 | トップページ | 神経質礼賛 224.卒論代行業者 »

コメント

「後方から自転車で追い越そうとした人にベルを鳴らされてキレたことをきっかけに精神科を受診・・・」

ブログの右下に検索フレーズランキングというのが見えまして、「新型欝 キレル」がトップにあり、たどって行きましたら本記事にいたりました。前の記事も拝読しましたが、四分先生の忘れたい不快事を想起させることをまずお詫びします。

キレルとよく世間もマスコミも使いますが、
一方でキレさせる相手が存在するわけで
意味なく怒り出すキレ者は病的ですが、
そうでないまっとうな怒りというのもあると思います。

わたくし、25年くらい前に、歩道でベルを鳴らされ怒声を発したことがございます。

また車中で携帯で話し始めた男をどやしつけたこともあります。

暴力沙汰にならなかったのは幸運でした。

正常人(?)は忍の一字でしょうか?

沸点の低い四分先生はどうお考えでしょうか?

たらふく様

 ベルを鳴らした状況、そして鳴らし方にもよるのではないかと思います。狭い歩道を歩いていて後ろからジリジリジリとしつこく「どけ!」とばかりにベルを鳴らされたら私もカチンときます(老人の自転車にしばしばあり)。思わず睨みつけます(笑)。「車道を走れよ!」と言い返したこともありました。歩行者をどかせるためのベル鳴らしは現在の道交法では禁止になっているはずです。
 新幹線のシートに座って大声で携帯通話している無神経な人間もいます。どのシートにも通話はデッキで、と書いてあるのにルールを守らず迷惑を垂れ流す輩はいるものです。私は自分の席から立ち上がって睨みつけたことが何度かあります。
 駅のホームで喫煙している人には「喫煙所はあそこにありますよ」と声をかけていました。一度からまれたことがあります。
 ルールやマナーを守らない人間にはそれを知らしめる必要があると私は思っています。
 それにしても喧嘩になってしまっては損ですので、お互い、気をつけましょうね。駅のホームでマナー違反を注意したら刃物で刺された、なんていう事件もよくありますから。

先生、お返事有難うございます。

沸点の低い人間の憤りは
沸点の低い先生にしかわかって頂けませんweep

先生の存在は有り難く尊いですgoodshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 222.理不尽な要求 | トップページ | 神経質礼賛 224.卒論代行業者 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30