フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 249.路上喫煙 | トップページ | 神経質礼賛 251.アルコールセンサー »

2007年11月30日 (金)

神経質礼賛 250.かくあるべしといふ なほ虚偽たり あるがままにある 即ち真実なり

精神科で行う心理検査にエゴグラムというものがある。これは交流分析という自己分析の理論に基づくもので、人間には「親」、「大人」、「子供」の三つの自我状態があり、この三つの領域のバランスを見る検査である。実際の検査では、「親」はさらに父親的な状態CP(critical parent)と母親的状態NP(nurturing parent)、「子供」は自由な子供FC(free child)と言われたとおりに従う子供AC(adaptive child)に区分されるので、「大人」A(adult)と合わせて5種類の状態で分析することになる。エゴグラムによって自我状態に気づき、望ましい状態になるよう、行動パターンを修正していくことができる。ネット上では無料で検査できるサイトもあるので、興味のある方は一度試してみるとよいだろう。

神経質な人に多いパターンは高CP・低NPである。つまり、タテマエや規則にこだわり、頑固オヤジ的に「こうでなければいけない」と硬く考えがちで、母親的に「まあいいじゃない」と柔軟に対応しにくいのである。また、神経質ではFCが低くACが高くなりやすい。つまり、決められたことに従って行動し、あまり自己表出しないので社会適応は良い反面ストレスがたまりがちである。5つの自我状態はどれも高ければ良いわけではないし低ければ良いというわけでもない。

ちなみにヒステリー性格では、逆にFCが高く、ACが低く、勝手気ままで人の注意に従わない、というようになりがちで、中にはCPが低くて社会規範が守れない人もいて、いわば非行少年タイプ・社会不適応となりやすい。

以前、森田療法学会で、森田療法の前後でエゴグラムの変化を調べた研究発表があった。森田療法を受けるとCPが低くなりNPが高くなる、という結果だった。物事へのこだわりが軽くなり、「○○すべきだ」というような「すべき思考」が少なくなり、「まあいいや」「こんなものだろう」と許容する範囲が広くなるからなのだろう。「かくあるべし」から「あるがまま」に変化した結果と言えるだろう。

「あるがまま」は森田療法のキーワードとしてよく知られている。しかし、これは誤解されやすい言葉でもある。どうかすると「あるがまま」をお題目のように唱えているだけで行動がともなわない人がいる。森田療法は宗教ではないので、それでは効果がない。「あるがまま」になろう、自然体になろうとしてできるものではない。そうすること自体がすでに「かくあるべし」であり「虚偽」なのである。森田先生の言葉にあるように、あるがままに「する」とか「しよう」でなくあるがままに「ある」ことがポイントなのだ。不安や問題点を抱えながらも神経質を生かして行動していれば、それが「あるがまま」になっているのである。

« 神経質礼賛 249.路上喫煙 | トップページ | 神経質礼賛 251.アルコールセンサー »

コメント

先生、ご無沙汰しております。
今年も早いもので、12月になってしまいましたね。
今回で250回ということで
「神経質礼賛」も着実に、名作、秀作を積み重ねて、
相当なボリュームとなりましたね。すごい!!

ところで、今回の
「250.かくあるべしといふ なほ虚偽たり あるがままにある 即ち真実なり」
は、「森田療法」の真髄を理解する上で、
大いに役立ちました。

>「あるがまま」になろう、自然体になろうとしてできるものではない。そうすること自体がすでに「かくあるべし」であり「虚偽」なのである。森田先生の言葉にあるように、あるがままに「する」とか「しよう」でなくあるがままに「ある」ことがポイントなのだ。

言い方を変えると、天から与えられた個性を生かし切る
ということかもしれませんが、
これがなかなか難しいので、われわれは悩んでしまうのですよね!

最近私が知ったチベット医学の言葉に、
「頭の問題は、体で治し、体の問題は頭で治す」
があるんだそうですが、これ森田先生のお考えに近い気がします。

keizo様
 いつも有益なコメントをいただきありがとうございます。掲示板「日々の賀状」はいつも見ておりますが、流れが速いためコメントのタイミングを失していてすみません。先日の定常型社会と医療についてkeizo様が書かれたことは大変重要なことだと思いましたので、近いうちに私の考えをまとめてみたいと思います。
 教えて下さったチベット医学の言葉、実に良い言葉だと思います。森田正馬先生の考え方も東洋的自然観に基づいた心身一元論であり、同根だと思います。精神疾患においてもガンの治療においても、単に病根を排除するというだけではなく、その人の健康な部分に目を向けて人間本来が持っている自然治癒力を伸ばしていくことが大切だと考えます。

 「かくあるべし」の我執は時々浮かんでは消えていきます。悟りのレベルにはほど遠い私ですが、仕方なしに行動する習慣は身についていますので、何とかなっているのでしょう。「天から与えられた個性を生かしきる」、森田先生の言葉「己の性(しょう)を尽くす」という面では、keizo様にあやかって、もうひとがんばりしようと思います。  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 249.路上喫煙 | トップページ | 神経質礼賛 251.アルコールセンサー »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30