フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 271.ファッション | トップページ | 神経質礼賛 273.殺虫剤入り餃子 »

2008年2月 4日 (月)

神経質礼賛 272.がんばれ受験生

 受験シーズンたけなわである。神社は受験祈願の学生さんたちで繁盛しているようだ。スーパーに行っても、受験生応援グッズが目に付く。菓子売場には縁起をかついだネーミングの商品が並んでいる。「キットカット」(きっと勝つ)、「キシリトールガム」(きっちり通る)はともかく「コアラのマーチ」は眠っていても(木から)落ちないという縁起かつぎだそうだ。さらに「カール」→「ウカール」、「柿の種」→「勝ちの種」、「ハイレモン」→「ハイレルモン」、「キャラメルコーン」→「カナエルコーン」といった具合の季節限定商品もある。昨年は合格茶漬(合格と書かれた具が入っている)を見かけた。今年は合格カップ麺があった。まあ、いくら縁起をかついでも本人が努力しないのでは話にならないのだが、つい私も子供にとこの種のグッズを買ってしまうのである。

 少子化により高校全入はおろか大学全入とも言われる昨今ではあるが、入りたい学校は限られるので受験戦争であることに変りはない。相変わらず受験生本人たちにはプレッシャーがかかっている。本番では緊張することだろう。特に神経質人間にとって面接は鬼門である。緊張しないで全力を出したい、という気持ちはよくわかるが、緊張すまいと思ってもかえって緊張が高まって焦るばかりである。緊張するのは自然なことなのであって、逆に緊張感が足りないようでは良い結果は出せないだろう。緊張はあるがまま。とにかく一つずつ問題を解いていくのだ。面接ではあがって多少赤くなっても良い。少々言葉に詰まっても良い。むしろ純情な子だと好感を持ってもらえるはずだ。緊張しないようにあがらないようにという心配をするくらいなら風邪をひかないよう心配した方が良い。がんばれ受験生!

« 神経質礼賛 271.ファッション | トップページ | 神経質礼賛 273.殺虫剤入り餃子 »

コメント

いつもお世話になっています。「トッポ」というロングセラーのお菓子をご存知ですか?これも「突破(とっぱ)」という言葉にかけているので受験生のためのお菓子なんですよ。ということをコンビニで働いてから知ったのですけどね。それにしても自称・神経質の先生がどのようにして最難関(普通人には不可能)の医学部に合格されたのでしょうか。それとも医学部に入学される方々というのは神経質人間なのでしょうか。

 コメントいただきありがとうございます。そうです。「トッポ」を見落としていました。すみませんでした。「トッポ」=「突破」なんですね。
 以前「神経質な医師の系譜」(35話・36話)について書きましたが、森田正馬先生のお弟子さんたちは神経質な人が多かったようです。医師は平均よりは神経質濃度(?)が高いのではないかと思っています。もっとも専門とする科によってキャラクターの差はあります。オーケストラの楽器と演奏家との相関みたいなものでしょう。概して内科系は神経質が多いものと思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 271.ファッション | トップページ | 神経質礼賛 273.殺虫剤入り餃子 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31