フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 299.四月病? | トップページ | 神経質礼賛 301.ジコピー »

2008年4月30日 (水)

神経質礼賛 300.心は万境に随(したが)って転ず

 心は万境に随(したが)って転ず、転ずる処実に能(よ)く幽なり

 流れに随って性を認得すれば無喜亦(また)無憂なり

これはよく森田正馬先生が患者さんたちの前で話される時に引用された禅語である。メンタルヘルス岡本記念財団会長の岡本常男さん(37話・268話・269話)は講演でいつも御自身の神経症体験を話される。「胃腸神経症にかかり、この言葉を知った時に、まるで電気で打たれたような感動を憶えた」と述べておられる。

 私たちの何気ない日常生活の中では、楽しいことが起きたり、悲しいことが起きたり、いろいろなことが起こるにつれて、気持ちも変化する。仮に何事も起きなくても、頭の中では様々な考えが浮かんでは消え、それだけでも心持が絶えず変化している。これが神経質な人だと、あれこれ体調の不良が気になったり、不安でドキドキしたり、ということにもなる。しかし、いろいろな気分というものは空の雲のようなもので、現れては消えゆき、いつも一定ということはない。流れの中に身を任せつつ、気分はそのままに自分の本来の姿を認めてやるべきことをやっていけば、無喜無憂の状態になるということである。無喜無憂というと感情のないロボットのようだと思われるかもしれないが、そうではなく、素直に喜びを感じ素直に憂いを感じるがそれがいつまでも尾を引かない自然体の状態なのである。

 私は若い頃はこの言葉のすばらしさが今一歩理解できなかった。岡本常男さんのように「頓悟」と言えるような境地に達することはなかった。しかし年月を経ていろいろな経験を積んでいくに従って、味わい深い言葉として感じられるようになってきた。苦しい時、迷った時に生き方の指針となる言葉だと思う。

« 神経質礼賛 299.四月病? | トップページ | 神経質礼賛 301.ジコピー »

コメント

とても勉強になりました!神経質人間というのは意外にも、最終的には流れに身を委ねる潔さもあるんですね。ある意味で楽観も備えているんですか。安心しました。自殺願望のある絶望的な人、とはくくれないんですね。よかった。ところで硫化水素が原因の遺体というのは見るも無残な外見だと知りました。救急センターの医師の先生方は、本当に惨い現実に直面せざるをえないですね・・・。

コメントありがとうございます。神経質人間はたとえ絶望しても簡単には死にません。根底には「よりよく生きたい」という強い願望があるからです。絶望しきって開き直った時にそれまでになかった最高のパワーが出せるものです。
それにしても最近の硫化水素自殺には困ったものですね。巻き添え被害も出ています。ネット情報に煽られているのでしょう。救急医も大変ですが検死にあたる医師たちも大変だと思います。

吃音に苦しむものです。でもけして重度ではないんですが、でもそれがまた苦しい。子供でも言えるようなこと・・たとえば自分の名前だったり、今は「お願いいたします」という言葉につかまってしまいました。仕事で当番が廻ってくると言わなくてはいけないと意識すると何日も前からその事ばかり考えてしまいます。色々な事に支障がでます。このとらわれをどうすることもできません。

sakura様

 コメントいただきありがとうございます。吃音の苦しさは私にもよくわかります。私も人前では激しく緊張して言葉につまった経験がよくあります。時にはどもっていました。若い頃は対人緊張にずいぶん悩みました。そして、何とか大胆になりたい、と不可能の努力をしていたのです。

 TV番組「世界ふしぎ発見」に以前、回答者として映画監督の羽仁進さんが出演していた時期がありました。羽仁さんは吃音が目立つんですが、ニコニコしながら一生懸命どもりながら話すのがとても好感が持てました。「あ、そうか、これでいいんだ」と思いました(私がまだ森田療法を知る前のことです)。

 医大の学生時代、血液学の女性の講師で声が震えたりどもったりする先生がおられました。でも、学問に対する誠実な態度がひしひしと伝わってきて、学生たちは一生懸命に講義を聴いていましたものです(普段は講義中の私語がひどかったのですが)。

 大切なのはどもるかどうかではありません。声がいいかどうかではありません。どもっても詰まっても、言いたいことが伝わればそれでいいのです。ただ誠実に話しさえすればよいのではないでしょうか。

丁寧なコメントを本当に有難うございます。あまりの苦しさにどうしようもなく投稿してしまいました。この気持ちを分かってくださるだけでも嬉しかったです。世の中にはもっと重度の吃音者もいらっしゃいます。羽仁進さんや女性の講師の方のお話、とても励まされました。「目的本位」何年か前、森田療法に出会い書店で立ち読みした本の中で目に入った言葉です。心が震えたのを覚えています。先生が言われるとおり、どもってもただ想いを伝える事だけに心を向けたいと思います。

sakura様

 吃音に悩んでいる方の中には客観的には御本人が悩んでいるほど吃音が目立たない方がよくいます。吃音恐怖と言った方が適切なのだろうと思います。どもったら困る、とそのことばかり考えて心配するあまり緊張し過ぎてかえってどもってしまう、という悪循環に陥ります。そうした悪循環を断ち切る意味では、森田療法の考え方、「目的本位」は大いに役立つことと思います。
 いろいろと御心配にはなるでしょうが、どもってもよいのだ、言いたいことが伝われば上出来だ、と開き直ってぶつかってみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 299.四月病? | トップページ | 神経質礼賛 301.ジコピー »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30