フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 310.笑って青山を望めば | トップページ | 神経質礼賛 312.「うつ」からの脱却(1) »

2008年6月 2日 (月)

神経質礼賛 311.パソコンから煙!

 病院でほとんどワープロ専用機として使っている私物パソコンがある。種々の書類、患者さんのサマリー、入院処方箋、講演原稿とレジュメなどが入っていて、時間がある時にデータを更新している。以前、患者さんの音楽クラブを担当していた時には、シンセサイザーソフトで歌の伴奏譜を入力しておき、パソコンで伴奏させる、ということもやっていた。患者さんの声の音域に合わせて簡単に移調できるので重宝した。このパソコンには個人情報が入っているので、インターネットには一切つながない。

もう購入して4年になるN社のLL900/Dという機種なのだが、1ヶ月ほど前から液晶パネルの角度によって表示が消えたり、パカパカ点滅したりするようになってきた。院長が自宅で使っているたまたま同じ機種のパソコンも同様の現象が起きて修理に出したら液晶パネルのケーブルの不良だったという。3日前、液晶パネルの角度をいろいろ変えてみて、大きく開いて使っていた。そのうち何となくコゲ臭いニオイがしてきた。見ればパソコンの背面から煙が上がっているではないか。あわててコンセントを引っこ抜く。私はノートパソコンのバッテリーをはずして使っているため、それで事なきを得た。多分、劣化した液晶パネルのケーブルがショートしたのだろう。もし席をはずしている時だったら下手をすれば火事である。リチウムイオンバッテリーの不良でノートパソコンが煙を吹いた、という話はニュースで聞いたことがあるが、それ以外で煙を吹くという話は聞いたことがない。油断は禁物。席をはずす時には省エネも兼ねて、こまめに電源を落とした方がよさそうだ。

まあ4年使えば寿命というところなので、修理せず廃棄なのだが、個人情報がハードディスクに入っているからには業者任せは心配である。暇な時に分解してハードディスクを取り出して、徹底破壊する必要がある。この辺は神経質にするに越したことはない。

« 神経質礼賛 310.笑って青山を望めば | トップページ | 神経質礼賛 312.「うつ」からの脱却(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 310.笑って青山を望めば | トップページ | 神経質礼賛 312.「うつ」からの脱却(1) »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30