フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 328.「うつ」は休め? | トップページ | 神経質礼賛 330.「面弱し」は気が強い »

2008年7月25日 (金)

神経質礼賛 329.人はそれほど気にしていない

 先週の土曜日、小学校6年の時のクラス会があった。もう、中学も高校もクラス会はなく、同期生の同窓会なのだが、単独のクラス会で44人のうち22人出席は大したものである。50代に突入し、男性陣はメタボ(社長腹)体型が目についた。女性陣は子育て完了でますます元気印である。これだけの人を集めてくれた名幹事さんは、近況報告で、乳がんの治療を受けたという話をしていた。しかし、前向きに生きておられる様子で一安心した。

 担任の先生はだいぶ前に亡くなられている。もし生きておいでだったら、教え子たちが一人前に活躍している姿を御覧になって目を細めて喜ばれたことだろう。厳しくも心温かい先生だった。「自分をコントロールできる人間になりなさい」とよく言っておられた。私は卒業式の予行練習が面白くなくてダラダラ歩いていたら、先生にお尻を力いっぱい叩かれた思い出がある。「けじめをつけなさい」と喝を入れられたのだと思う。今の学校教育にはこういうところが欠落している。表面的な優しさだけでは生徒をダメにする。

 同じテーブルに座った女性が、昔、お祭りの時に綿菓子を買ってはしゃぎながら歩いていたら私とバッタリ会って、ものすごく恥ずかしい思いをした、と語ってくれた。私にはほとんど記憶がない。お祭りは好きではなかったから、たまたま通りかかっただけだったのだろう。

 私を含めて神経質な人が気にしていることというのはこんなものである。自分では恥ずかしいと気になっても、他の人から見れば大したことではなく、全く気にしていないことが多いのだ。恥ずかしいと気にする人は他人に不快感を与えることは少なく、不快感を与えるのは神経質の足りない人である。恥ずかしがりの神経質で大いに結構である。

« 神経質礼賛 328.「うつ」は休め? | トップページ | 神経質礼賛 330.「面弱し」は気が強い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 328.「うつ」は休め? | トップページ | 神経質礼賛 330.「面弱し」は気が強い »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30