フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 400.死は恐ろし 恐れざるを得ず | トップページ | 神経質礼賛 402.強迫的な作曲家たち(2)マーラー »

2009年3月 2日 (月)

神経質礼賛 401.強迫的な作曲家たち(1)ブルックナー

 強迫神経症だったと言われる作曲家ショスタコーヴィチについては以前書いた(138話)。今回はシリーズで、やはり強迫神経症だったと言われる大作曲家を取り上げてみる。まずは、アントン・ブルックナー(1824-1896)である。

 ブルックナーはオーストリアの作曲家で、もとはオルガン奏者である。作曲家としては極めて晩成型であり、30歳を過ぎてから作曲を学び、交響曲を作り始めたのは40歳に近くなってからである。代表作の交響曲第7番を世に出して人気を得たのは60歳頃である。ブルックナーの交響曲はヨーロッパ特にドイツ・オーストリアでは極めて人気が高い。初期の交響曲ヘ短調、交響曲第0番から未完成の第9番まで計11曲を作曲している。日本ではそれほど知名度は高くないが熱烈なブルックナー好きはいるし、朝比奈隆(1908-2001)さんの指揮による大阪フィルの演奏は海外でも高く評価された。

 ブルックナーの交響曲には際立った特徴がある。弦楽器のトレモロで始まる曲が多く、曲想が変わるところで管弦楽全体を一旦休止させることがしばしばある。また、ブルックナー・リズムと言って2+3あるいは3+2の音型がよく登場する。同じ旋律の繰り返しも多い。そして演奏時間が長い大曲が多い。1曲聴けば、満腹でご馳走様と言いたくなる。演奏会では交響曲1曲で終わり、というプログラムにもなりやすい。そして「版問題」がある。ブルックナーは一度発表した曲にもこだわりが強く、自分で何度も改訂版を出している。さらに弟子たちが校訂した版があるのに加えて、国際ブルックナー協会が原典版を2回出した(ハース版とノヴァーク版)ため、ややこしくなっている。作風といい改訂を繰り返したあたりはまさに完全欲が強い強迫の特徴がよく表れていると思う。

 ブルックナーは厳格なカトリック信者で、流行遅れの服装に身を包み、純朴な性格だったと言われている。女性には縁がなく、生涯独身だった。晩学ながら作曲家として大成できたのは神経質の粘り強さのおかげだったのではないだろうか。

« 神経質礼賛 400.死は恐ろし 恐れざるを得ず | トップページ | 神経質礼賛 402.強迫的な作曲家たち(2)マーラー »

コメント

60歳ごろ人気がでたんですか。よかったです、評価されて。

私が買った7番はハース版です。1番もあります、これ好き!0番はノヴァーク版を聴きました。交響曲0番があるなんて、最近知って驚きました。プログラムの解説も難しかったけど興味深く読みました。それと、4番もすごい人気なんですよね。 朝比奈氏指揮の大阪フィルのもほしいなあ。検索してみます。一気には買えないけど、揃えていくのが楽しみです。

最近、腕にやけどをしたり、顔や背中に裂傷をおったり、一番気に入りの帽子を失くしたり(大きいのに)・・・で、ちょっと眠れずこんな時間にメールを書いています。

夏子 様

 古い記事を御覧いただきありがとうございました。ブルックナーの交響曲はYouTubeにいろいろな演奏の動画がありますので、覗いてみて、気に入られた演奏のCDを購入するという手もあると思います。

 思わぬ体調不良をきたしたり、大事ではないにせよ残念なことがあったりしますね。私も同様です。何とも仕方ありません。でも、良いこともあるはずです。そちらにも目を向けていきましょう。

四分休符先生

 思いがけず常連さんの夏子様がベートーヴェン、ブルックナーにコメントを寄せられてクラシック好きの私も...
 ブルックナーに関して、初めて知る四分休符先生の記事でした。そういう気質を持っていたのか、と。ちょっと意外でした。堂々たる威厳、近寄り難い感じ。でもなかった様子で。私は、いわゆるロマンティックNo.4以外は殆ど聴かないかもしれません。かなり体調が良い時にしかブルックナーって私には聴くに堪えないのです。金管楽器が強いですし音響が大きい傾向にありますし...夏子様、ごめんなさいね。個人差という事で。

 私は今、「今を生きる」釈迦の肋骨と血管が浮き出た像と対面しつつ毎日坐禅。でもその境地を得るには到底いきません。取り敢えず習慣化してしまった「坐る」そっと一人で坐禅堂。
 甥っ子と神談義。合わないのですね。「創造主神在りき」を信じている彼と神々は信じるけれど創造主神は信じない私。
 そして又性欲、食欲、睡眠欲がかみ合わなくなっている夫との関係。

 生きていくっていう事。おそらく「おもいやり」と「共感」が足りていない。でもそれを話し合おうとすると「うるさい」になる。言葉ではない、行動で気持ちを表す事が重要かな、と思いながら坐禅堂を後にしました。

 さぁて、今日はこれからピアノです。ケンプ編曲バッハ・シチリアーノ。仕上げの段階です。次曲も考えなければ。 楽しんで来ま~す!

yukimiya 様

 コメントいただきありがとうございます。

 私もよく聴くのは4番と7番です。中学生の時、友人に「朝比奈隆のブルックナーがいい!」と言っていた人がいましたけれど、ブルックナーを聴くようになったのは大学生になってからだったような気がします。まだCDがない頃、演奏時間が長い曲はレコード2枚組になるし、FM番組でもカセットテープを入れ替えないと録音しきれないので不便でした。

 バッハのシチリアーノBWV1031はフルートの名曲として知られています。ピアノ独奏版もあったのですね。ピアノでこういう曲が弾けたら本当にいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 400.死は恐ろし 恐れざるを得ず | トップページ | 神経質礼賛 402.強迫的な作曲家たち(2)マーラー »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30