フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 449.拾ったお金、どうする? | トップページ | 神経質礼賛 451.生ラーメンはむずかしい »

2009年7月31日 (金)

神経質礼賛 450.正常性バイアス

 一部で梅雨明け発表になった後も、激しい雨が降ったり日が差したりの亜熱帯を思わせるような天気が続いている。九州・中国地方では大雨被害が起きている。避難指示の出し遅れも一因だが、避難が遅れてがけ崩れに巻き込まれるといった事故も発生している。また、近年、中高年の間で登山ブームとなっているが、軽装で気軽に登山ツアーに参加して、悪天候のために低体温症から命を落とすような事故も起きている。夏山でも台風並みの悪天候では体感温度は0℃近くになることもあるそうで危険である。この逃げ遅れる、あるいはムリを押して遭難する、といったところでは正常性バイアス(正常化の偏見)という心理が働いている、と言われている。

 正常性バイアスとは、何か異常事態が起った時に、正常範囲内だと解釈して、こころの平静を保とうとする心理機制である。これは過剰反応で疲弊しないための働きなのだが、警報が鳴ってもどうせ誤報だろうと放置して本当に危機が迫っているのに気がつかず大変なことになってしまう恐れがある。種々の大事故においてこの心理機制の存在が指摘されている。

 その点では神経質人間は危険を察知して回避する天才である。「ちょっとくらいいいや」とか「まあ自分は大丈夫だろう」とは思わないものだ。だから、大雨で避難指示が出たら、安全を確認しながらビクビクハラハラで逃げ出すだろうし、登山で悪天候が予想されれば参加を取りやめるだろう。惨事から身を守るのには神経質はとても役立つ。

 しかし、あまり過敏に反応し過ぎても困る。正常性バイアスの反対で異常性バイアス(そんな言葉はあるのだろうか?)がかかりやすいのが神経質人間である。絶対に安全ということが確認できないと動かない、というのでは日常生活にも差し支える。神経質人間の場合、適度に正常化バイアスをかけてバランスを取るとちょうど良い具合になるのかもしれない。

« 神経質礼賛 449.拾ったお金、どうする? | トップページ | 神経質礼賛 451.生ラーメンはむずかしい »

コメント

先生こんにちは!興味深い記事をありがとうございました。私は神経質人間なので、行動範囲がかなり狭くなっています。「なにもそこまで」と他人に言われてから、ようやく動き出す始末。なんとかしたいものです。

ところで森田正馬先生の全著作集を所蔵している図書館をご存知でしょうか?沼津・三島図書館の検索にはヒットしませんでした。どこか閲覧できる場所が近隣にあるといいのですが。

 コメントいただきありがとうございます。神経質人間のやり方は、高校野球で言えば、送りバントで着実にランナーを進めて一点を取ろうとするようなものです。ホームランや派手なプレーはないけれども、ダブルプレーを食らうこともなく、どちらも一長一短なのです。神経質の持ち味を生かしていけばいいのではないでしょうか。「ウサギとカメ」のカメさんです。

 私が住んでいる町の市立図書館の蔵書を検索したところ、森田先生の著書は実質9冊ありました。ただし全集はありません。

 もし、何かの御都合で平日に大阪に行かれる機会がありましたら、メンタルヘルス岡本記念財団の図書室に寄られるといいと思います。森田療法関連本はほとんどすべて揃っています。日本国内で唯一だと思います。一度ホームページを御覧下さい。図書室の責任者・万代さん(当ブログにも時々コメントをいただいています)は森田関連文献の生き字引のような方です。

お忙しい中コメントをありがとうございました!ご紹介いただいたサイトは内容がとても充実していますね。大阪にいつか行くのは楽しみですが、近隣で閲覧可能かどうか、また探してみます。

医学とはまた異なったアプローチですが、「思想史の文脈における心理学」に興味があるのです。人文学ですので、歴史・文化研究の一部と捉えています。森田先生の「東洋的なもの」と「西洋的なもの」の接点を探るのも興味深いテーマかな、と思っていたのです。

コメントありがとうございます。比較的近くの図書館で見つかるといいですね。

「思想史」・・・ドキッです。高校の倫理社会の授業は一番前の席で爆酔してましたので(笑)。ニーチェとかキェルケゴールとかの話を聞いていると、イケナイと思いながら意識が遠のいていき、目覚めるのは授業が終わる時でした。

思想という難しいことは私には分かりませんが、森田先生は東大の呉秀三教授のもとでドイツ式の精神医学を学んでいます。当時の最新のドイツ式の治療法を「神経衰弱」に使ってみたもののうまくいかず、のちに森田療法を編み出すのですが、その一部には生活正規法とか説得療法とかいった西洋式の部分も生かされているように思います。そして神経症を病気と考えず、自然良能を生かした治療をしていく、というあたりは東洋的です。研究されて面白い結論が出ましたら、御教授下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 449.拾ったお金、どうする? | トップページ | 神経質礼賛 451.生ラーメンはむずかしい »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30