フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 459.マイケル・ジャクソンの死因 | トップページ | 神経質礼賛 461.ポニョポニョ腹対策 »

2009年8月31日 (月)

神経質礼賛 460.ぶざまでよい ダメ人間でよい

 仕事でうまくいかないことがある。家庭の中でもいろいろと問題が起る。年を重ねるに従い、自分の努力だけではどうにもならない問題が増えてくる。思わず、フーッとため息をつきながら、ぶざまだなあ、自分は本当にダメな人間だなあ、と心の中でつぶやく時がある。

 認知療法でいうところの「認知の歪み」の「レッテル貼り」だとは承知の上である。しかし、どうにもならないのだから、あえて「認知の歪み」を是正しようともせず、落ち込んだ気分をぶらさげたままで仕方なしに、やらなくてはならないことを次々と片付けている。

 しかし、自分のダメぶりを嘆くことも悪いことばかりではない。逆に自分のいいところばかり誇張して根拠に乏しいプラス思考していたら自己愛のかたまりのような鼻持ちならない人間になってしまう。謙虚に反省することで自分を向上させようという気持ちになるし、人に対しても優しくなれるものである。そして自分を徹底的に貶めてしまえば、開き直りもできるというものである。ぶざまでもいい。ダメ人間でもいい。できることをやっていくだけである。

ちょっと長いが森田先生の言葉を引用してみよう。

 私が常にいうように、神経質はいつも劣等感を起こすのが自分の持前であるから、そのまま劣等感になりきっていさえすればよい。自分を不器用と決めておきさえすれば、あらためて、時々に、自分を不器用呼ばわりする必要はなく、何か自分で作りたくてたまらぬ物ができれば、丁度小児が力一杯でやるように、ただ工夫努力するよりほかは道がなくなる。そこに初めて成功の喜びができてくるのである。

 およそ何事にも偉くなるような人はみな劣等感をもち、へりくだった心から、自分の行いを慎み励んでいるものである。高ぶった心の人は、決して優れた者になる事はできない。私が色紙に書いたものに、こんな文句がある。

「金持は常に己れの財産の乏しきを思い、知者は常に己れの知能の足らざるを憂う。柔順なる人は常に自らわがままに非ずやと恐れ、善人は常に己れを悪人と信ぜり。貧者は常に己れのありたけの金を使い果たし、愚者は常に自分のありたけの知恵才覚をみせびらかし、不柔順なる者は常に己れがこれ以上の柔順ができるかと恨み、不善人は常に己れを誠実親切なりと信ぜり。」

 己れを偉いと思い・よい人のように思う者にろくなものはない。(白揚社:森田正馬全集第5p.741

 特に最後のところは政治家センセイたちや官僚様方にお読みいただきたいところである。

« 神経質礼賛 459.マイケル・ジャクソンの死因 | トップページ | 神経質礼賛 461.ポニョポニョ腹対策 »

コメント

先日はお世話になりました!今回の記事もなるほど、と思い読ませていただきました。劣等感があってもかまわないのですか。良かったです。安心しました。

今回の総選挙で生まれて初めて「謙虚であること」を学ぶ機会を得た方々も多かったことでしょう。落差の激しい人生です。

前回の記事も興味深かったです。覚醒剤の起源が医薬品でもある点を考慮すると、効能と使用法によほど神経質さが求められますね。やはり普段の生活をきちんとし、激しい浮き沈みのない生き方を心がけたいです。

 コメントいただきありがとうございます。

 「プラス思考にしなければいけない」の呪縛が、それこそ「すべき思考」になってしまっては疲れますね(笑)。マイナス思考・劣等感にもよいところがあるのだ、と思わず力説したくなります。

 そうですね、総選挙はマスコミの事前予想通りの結果になったとはいえ、実際にそうなるとはちょっと驚きでした。今まで「驕れる平氏」だったセンセイたちが急に「ドブ板」をやっても有権者にはミエミエだったようです。おっしゃるとおり、謙虚に勝る武器はありません。

 安全に手術する上で大切な麻酔薬や、ある種の疾患の治療に用いられている精神刺激薬も使用法が正しくなければ大変な害をもたらします。使い方や管理には大いに神経質である必要があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 459.マイケル・ジャクソンの死因 | トップページ | 神経質礼賛 461.ポニョポニョ腹対策 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30