フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 502.見つめよ、逃げるな | トップページ | 神経質礼賛 504.?と! »

2010年1月 6日 (水)

神経質礼賛 503.煮込みラーメン

 この冬、我が家で、妻がいない日に新登場したメニューがある。煮込みラーメンだ。病院の患者さんたちが調理実習で作っているのを見て、これはいいぞ、と思った。煮込んでしまえば大量に野菜が摂れる。スープで煮込むと豚コマ肉も不思議とおいしくなる。エノキやシメジを入れても良い。何と言っても栄養バランスがとてもよい。寒い季節にはもってこいだ。永谷園の宣伝ではないが、子供たちもラーメンに釣られてよく食べてくれる。最初から土鍋で煮込んでも煮崩れないラーメンというのが創意工夫で、うまいことを考えたものである。

私は永谷園の回し者ではないので他社の商品も紹介しておこう。「マルちゃん」の東洋水産から「鍋の〆に食べるラーメン」というスープなしの袋入りラーメンが出ていて、これもなかなか便利である。こちらはコシの強いノンフライ麺で、説明の通りの茹で時間で食べてもよいが、ヤキソバ状になるまで汁を煮詰めて食べるとまた別の食感が楽しめる。

結局、ラーメン好きの子供たちの「替え玉」要求で、煮込みラーメンの最後に「〆に食べるラーメン」を追加して食べるスタイルが定着した。欠点は、食べ終わった後に大きな土鍋を洗うのがちょっと手間なのと、「かんすい」使用のラーメンを嫌っている妻にバレないように証拠隠滅を図らなくてはならないといったところだろうか。もちろん子供たちは喜んで共犯者になってくれる。

血圧が高めで神経質に減塩生活をしている私としては、煮込んだ汁をたっぷり吸い込んでおいしそうになった麺を子供に譲らなくてはならないのがちょっとシャクである。

« 神経質礼賛 502.見つめよ、逃げるな | トップページ | 神経質礼賛 504.?と! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 502.見つめよ、逃げるな | トップページ | 神経質礼賛 504.?と! »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30