フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 529.サインバルタ | トップページ | 神経質礼賛 531.餃子事件の結末 »

2010年3月29日 (月)

神経質礼賛 530.本来性

 神経質人間は「生の欲望」が強い。よりよく生きたい、人に認められたい、幸福になりたい、といった気持ちが強く、人一倍発展向上欲や完全欲が強いのだ。それだけに失敗を恐れ、不完全を忌み嫌う。「生の欲望」と「死の恐怖」とは表裏一体であって、注意が自分の方ばかりに向かうと「死の恐怖」が強く出てきて、体の不調を必要以上に気にしたり、対人恐怖や強迫観念や強い不安にさいなまれたりすることになる。注意が自分の外に向かい、仕事や勉強に打ちこむようになると、「症状」はいつしか気にならなくなっている。そして、ふと自分の本来性に気付くものである。森田正馬先生は次のように言っておられる。

 我々は貝を拾っても、砂の池を掘っても、その現在においては、一生懸命に働いて、滅びるとか、なくなるとかいう観念を超越している。これが執着である。この執着が、実は動かすべからざる我々の本来性であり、人間の事実である。ただしこの執着の強いものが神経質であり、弱くて呑気なものが、意志薄弱者であるのである。(白揚社:森田正馬全集 第5巻 p.325

 何度か書いているように、私が強い対人緊張や強迫観念に悩み出したのは小学生の頃に遡る。自意識過剰の中学生から高校生の頃はピークだった。自分は生きている価値がない。こんなでは生きていても仕方がない。死ぬしかない、とまで思いつめることもあった。今にして思えば発展向上欲や完全欲が強く、不全感を持ちやすかったということなのだ。自分は人生の落伍者だ、という感覚を引きずりながら大学・社会人生活を送ったけれども、しだいに「自分はこんなものでしょうがない。できることをやっていくしかない」とあきらめがつくようになり、対人緊張も「まあこんなものだ」と思えるようになっていった。今では、自分は執着心が強い欲張りなのだと自覚している。その本来性を生かしながら人の役に立っていければと思う。

« 神経質礼賛 529.サインバルタ | トップページ | 神経質礼賛 531.餃子事件の結末 »

コメント

先生こんにちは!先生の場合は「本来性」を見事に生かして、現在までのキャリアを築いておられますね。それにしても森田先生の逆転の発想(?)は素晴らしいと感嘆せずにはいられません。神経質を「病気」ではなく「希有な特質」として発展させようとしたのですから。

私もあと一ヶ月でアメリカでの訓練が終わります。私は博士号を取るためにドイツに出発する前も、アメリカで研究を続ける前にも、相当に考えましたし悩みました。苦しんだ、といった方が適当かもしれません。恐怖心に襲われることもあり、極度の強迫観念をもっていたと思います。

そして現在は成果を出して結果がついてきたので心は穏やかです。10年前、同年代の同業者のほとんどは「自分だけはなんとかなる」「誰かがなんとかしてくれる」と楽観的な人がほとんどでした。10年後の今、あまりの差の大きさに愕然とします。

神経質というのは才能の一つだと私は思います。「楽観的・他力本願・無責任」といった性格というのもまた、ある程度は生まれもった性質でしょうか。日本への帰国を前にして、神経質で良かったなと心から思います。

 コメントいただきありがとうございます。私の場合はキャリアなどと言えるものではないのでお恥ずかしい限りです(冷汗)。

 アメリカでの「武者修行」、長いようで短かったですね。行かれる前は悩んでおいででしたし、行かれてからも御苦労が絶えない毎日だったでしょうが、勇気をふりしぼって突き進まれて正解だったのではないでしょうか。悩みに悩んだ末に思い切って行動するのは森田正馬先生が言われた「窮して通ず」あるいは「弱くなりきる」という神経質を生かす極意かと思います。

 神経質は「稀有な特質」と書かれたのは、目からウロコの見事な表現だと思います。現状に安住することなくより高きを目指さずにはいられないのが神経質です。まさにあなたのように研究をされている方にはとても大切な「才能」です。

 お元気に帰国される日を心待ちにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 529.サインバルタ | トップページ | 神経質礼賛 531.餃子事件の結末 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30