フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 539.瑣 | トップページ | 神経質礼賛 541.整理術 »

2010年4月30日 (金)

神経質礼賛 540.一波を以て一波を消さんと欲す 千波萬波交々(こもごも)起る

 森田正馬先生のところに、ある時26歳の小学校教師から手紙が届いた。森田先生の本を読んで数年来の不眠症は治ったが、様々の疑問に悩んでいるという。森田先生は次のように返事された。

 「自分は何故に生存するか、如何に生きれば人生を最もよく完ふする事が出来るか」といふ事は、古今の詩人哲学者の考へ悩んだ事であり、小生も少年時から長い半生を苦しんだ事です。しかしそれは「自分は」といふ主観のみに閉ぢこもる時に、全く論理のたゝぬ矛盾に墜るといふ事に氣がつかない。之は実は不可能の努力であるといふ事は、自分の心で自分の心を見やうとする事で、自分の眼で自分の眼を見やうとすると同様です。

 禅では之を「一波を以て一波を消さんと欲す。千波萬波交々(こもごも)起る」といつて心の葛藤の益々激しくなる事にたとへてあります。 (白揚社 森田正馬全集第4巻 p.582

 一つの波をもって一つの波を消そうとすれば、かえってたくさんのさざ波が生じて収拾がつかなくなる。心に起る雑念を消そうとはからえばはからうほど、ますます雑念が次々と浮かんでくる。神経症の場合、症状を消そうとすればするほど、次々と新たな症状が生じてどうにもならなくなってしまう。症状を消そうとするモグラ叩きはやめて、症状は相手にせずにその時々でやるべきことに取り組んでいけば、いつのまにか症状は消退していくものである。

« 神経質礼賛 539.瑣 | トップページ | 神経質礼賛 541.整理術 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 539.瑣 | トップページ | 神経質礼賛 541.整理術 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30