フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 569.神経質vsムカデ | トップページ | 神経質礼賛 571.北山修最後の授業 »

2010年7月30日 (金)

神経質礼賛 570.不可能の努力

 ある時、森田正馬先生のところに新聞社勤務の29歳男性から胸苦しい感じを治すにはどうしたらよいか、という手紙が届いた。この人は少年時代より神経質で音に敏感で、負けず嫌いでもある。大酒・夜更かしをきっかけに体がだるくなり、以後、飲酒すると翌日、仕事中にめまいを感じ、胸がつまるような気がして心悸亢進するようになったという。返事の中で森田先生は次のように言っておられる。

 強迫観念とは、身体の病根や死を直接に恐怖するのではなく、自分で「つまらぬ事を気にし余計な事を心配する」のを自ら或は自分の気質の病的異常かと思ひ違へて、之を排除し、気にする事の苦痛を逃れんとする為に却て益々其に執着を深くして逃れる事の出来なくなる苦悩が、即ち其れであります。即ち此れは誰にでも普通に起る感じや取越苦労を強いて感じまい思ふまいとする不可能の努力を重ねるものですから、益々苦しくなるのは当然の事でも只苦しいものは其のまゝ苦しみ、恐ろしいものは其のまゝ恐るゝと言ふ風であれば何も強迫観念にはならないで、心の自然の絶へざる変転の内に自ら気がまぎれて忘れる様になるべきはずであります。

 発作性神経症でも同様です。苦しい事は苦しい、恐ろしい事は恐ろしい、只一途に其の事になりきりさへすればよろしいのです。徒らに発作を起こさない様に様々の工夫や、心の態度をとり、或はスースーハーハーやって気を楽にしたり、心を紛らわせたりしやうとすれば、する程其執着が深くなるのであります。(白揚社:森田正馬全集 第4巻 p.562

 この人の場合は、不摂生をきっかけに「症状」が出るようになり、以後も飲酒した翌日に体調が悪くなるのだが、飲酒を控えるということをせずに、「症状」を何とかしようとしているところがそもそも間違っている。あまりにムシが良過ぎる。

 森田先生の「不可能の努力を重ねる」は神経症に陥る人の特徴を実にわかりやすく説明した言葉だと思う。私の場合、若い頃は対人恐怖・赤面恐怖に悩んだのだが、人前で緊張してはいけない、堂々と自分の意見が言えないようでは情けない、と思っていた。しかし、誰でも人前では緊張する。すでに具体例を何人も示しているように、TVに出て活躍している俳優やタレントや歌手あるいは一流のスポーツ選手でさえ緊張するし「あがる」のである。緊張しないようにしよう、というのはまさに「不可能の努力」である。緊張しないようにしようとすればするほど気になって緊張がひどくなってしまうものである。その他の強迫症状も同じことである。何度も確認してしまうのも、完璧さを過剰に求め過ぎる「不可能の努力」であるし、不潔恐怖の手洗いも、手術室の中でもないのに清潔さを過剰に追求する「不可能の努力」なのである。不可能の努力をやめて、苦しいまま、恐ろしいまま、仕方なしに過ごしていけば、「症状」はあっても気にならない、さらには気がついたら「症状」はなくなっていた、というようになっていくのである。

« 神経質礼賛 569.神経質vsムカデ | トップページ | 神経質礼賛 571.北山修最後の授業 »

コメント

昨日はとても丁寧なお返事をありがとうございました。今日の記事も興味深く読ませていただきました。

私も最近ようやく「まあいいか。昔からそういう性格だったし」と思えることが多くなりました。性格の根本を突き詰めて無理に変えようとすると無駄に疲れる(?)ことに気づいたのです。自分の短所と長所を理解したり他人に指摘してもらうだけで、もう充分じゃないかと思えるようになりました。

たしかに仮想の現実に落ち込む危険は誰にもありますね。ネットだけでなく、私は最近の新聞やテレビのニュースの「現実」の伝え方に大いに疑問をもっています。あまりにも短絡化され図式化された「現実」。おっしゃるとおり、被告の口から職場環境や人材待遇などへの具体的な言及が全くなかったことは奇妙です。

「現実」の科学的・論理的分析を放棄して「自分探し」をしても、自分も相手もどこにもいないということになるのでしょうか。

コメントいただきありがとうございます。

その通りで、性格を変えようと「不可能の努力」をするよりも、今ある性格の良さを生かし、欠点をカバーすることの方が効率的でしょう。

当ブログで取り上げた歴史上の神経質人間は、国内だけでも菅原道真、紫式部、楠木正成、徳川家康、白隠禅師、乃木将軍、松下幸之助となかなかのものです。海外の有名作曲家についてもずいぶん書きました。神経質で大いに良し、です。

秋葉原事件の加藤被告の発言は連日新聞報道されています。今朝の新聞では、事件を起こしたのはネット荒らしも派遣切りも関係ない、と書かれていますが、弁護士からのアドバイス(入れ知恵)で供述が変化しているのだろうと思います。

ネットの仮想現実の危険性もさることながら、おっしゃるようにTVなどのマスコミの作り出す「現実」も歪曲された面を持っていることは確かです。現代人にとって、いかに現実を失わずに生きていくか、ということはとても重要なことのように思います。

森田療法について書かれた記述の中で、もっとも分かりやすく、たいへん有難いブログです。森田先生のお仕事をきちんと世に継承してゆく「歎異抄」のような尊い存在です。これからもどうぞ宜しくお願いしますgoodshine

たらふく様

 コメントいただきありがとうございます。過分な御評価をいただき恐縮です。駄文が多いのですが、10話(?)に1話くらいはまともなことも書いているでしょうか。私と同様、神経質な方々の多少なりともお役に立てれば、と思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 569.神経質vsムカデ | トップページ | 神経質礼賛 571.北山修最後の授業 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30