フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 563.新しい不眠症治療薬ロゼレム | トップページ | 神経質礼賛 565.ラー油 »

2010年7月 9日 (金)

神経質礼賛 564.ガンダム像

 朝、通勤の列車の車窓から見える景色に突然巨大なガンダムが現れたので自分の目を疑った。一瞬のことなので翌日は注意して見ていたが、やはりガンダムに間違いない。次の日の新聞にそれについての記事が出ていた。昨年、お台場に展示されて話題になった(アニメで設定上の)実物大・高さ18メートルのガンダム像である。重量は37トンもあるそうだ。バンダイのプラモデル工場近くの駅前広場に展示されるもので、7月24日からのホビーフェアに合わせて公開されるとのことである。これまでは覆いがかかっていたので、そんなものが作られているとは全く気がつかなかった。

 ガンダムに夢中になった人たちは、私よりも一回りか二回り下の世代だろう。私の世代だとSFロボット系アニメと言えば、鉄人28号・鉄腕アトム・エイトマンあたりである。スーパーヒーローが悪に立ち向かい正義を守る、というわかりやすい設定だった。アニメはどれも高視聴率をとった。それが、宇宙戦艦ヤマトあたりからか、主人公は多くの登場人物の一人に過ぎず、さほど目立たず、また「悪役」側にも彼らなりの正義があって、単純に勧善懲悪というわけにはいかず、スカッとカタルシスが得られる話ではなくなっていった。ガンダムもヤマト同様、最初の放送は低視聴率で打ち切られたが、熱烈なファンのコールで復活を遂げたというエピソードがあるらしい。複雑な人間関係や思うに任せぬ境遇の中でどう生きていくかあがく登場人物たちの姿は現代の悩める若者たちが自分を投影しやすい面があるだろう。特にガンダムの主人公アムロ・レイは内向的で、神経質な性格特徴を持っているように思う。

 この暑い中、大きな駅周辺にはモビルスーツならぬ黒い就活スーツを身にまとった就活戦士たちを見かける。景気はやや上向きらしいが企業の新規採用は相変わらず少なく、就職氷河期は続いている。新卒でないと不利、という事情があって、わざと留年したり仕方なく大学院に進学したりする学生も増えているという。面接では緊張して思ったことが言えず、グループ討論の場でも自分の意見を出せずに苦闘している神経質学生さんも少なくないと思う。しかし、企業側でも、立て板に水のように話し上手の学生だけを採用するわけではない。赤面したり、時に返答に詰まったりするのが致命傷になるわけではないはずだ。緊張するのは仕方なし。ドキドキハラハラしながらも勇気を出して発言してみるほかない。大胆になろうなどと努力する必要はない。神経質を自分に対してではなく周囲に向けながら、就職活動に臨んでもらえたら、と思う。

« 神経質礼賛 563.新しい不眠症治療薬ロゼレム | トップページ | 神経質礼賛 565.ラー油 »

コメント

>企業側でも、立て板に水のように話し上手の学生だけを採用するわけではない。赤面したり、時に返答に詰まったりするのが致命傷になるわけではないはずだ。

最近よく聞かれることは、就活対策で決まりきった想定問答は答えられるが想定外の質問では口ごもってしまう学生が多いということ。日本語にいわゆる会話を学ぶ時間がないためとも言われているが、わたしは筋道立てて考える能力が開発されていないように感じます。人事マンも短い面接だけで判断するはずもなく、赤面や震えても伝えたいという意思があれば身体全体から思いは伝わるものだと感じます。

春之介 様

 コメントいただきありがとうございます。

 今の大学生さんたちは3年になってすぐ就職活動開始では、本当に大変だと思います。大学としてもまともな教育が行われないのではないかとも思います。
 準備をしても想定外の質問で困るという場合は多いでしょうね。人事担当者もわざと奇抜な質問をするといいます。おっしゃるように「筋道立てて考える能力」というのは大切です。他人のレポートを写したりしないで、自分の力で考えてまとめていく、ということを普段からやっている人は強いのではないでしょうか。
 赤面、どもり、ふるえはそれほど問題にならないはずなので、神経質学生さんにはぜひがんばって欲しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 563.新しい不眠症治療薬ロゼレム | トップページ | 神経質礼賛 565.ラー油 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30