フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 573.蝉 | トップページ | 神経質礼賛 575.退屈な話 »

2010年8月 9日 (月)

神経質礼賛 574.ミュンヒハウゼン症候群

 外来に新患がやってきた。今まで通院していた精神科病院からの紹介状はすでに開封されており、本人が読んだものと思われる。病名はMunchausen syndromeの疑いとなっている。今までいくつかの病院でトラブルを起こして転医を繰り返したようだ。本人は電動車椅子で入室してきたが、紹介状によれば、一人でスタスタ歩いて受診することもあったという。現在に至るまで数多くの自傷行為のために骨折などの外傷をきたしている。多弁で妙に親しげに話してきて、紹介状は間違って開けてしまったが読んではいない、と主張する。本人の語る生活歴や病歴もどこまでが本当なのかわからない。これは手ごわい。

 Munchausenミュンヒハウゼン(英語読みはマンチョウゼン)症候群の名前は「ほら吹き男爵」に由来する。各地を転々とし、多数の病院に入退院を繰り返し、虚偽の多い劇的な症状や生活史を述べる患者の総称である。病気を作って周囲の関心や同情を引こうとする心理が存在する。病院ではしばしば管理上の問題が起り、治療困難例が多いとされている。(弘文堂:新版精神医学事典より)

 小児科領域では「代理ミュンヒハウゼン症候群」が最近のトピックスになっている。入院中の自分の子供の点滴に汚水を加えて細菌感染で死亡させた母親が逮捕された、という事件があった。母親が子供の尿検体に異物を混入させて治療を混乱させるような事例もあるという。いずれも献身的な母親を演じているため、発見することは困難である。代理、というのは自分以外の身近な人を病人に仕立てあげる場合を言う。

 ヒステリー患者は倒れてもケガをすることはほとんどないが、ミュンヒハウゼン症候群だと本当にケガをする。何が何でも病気になろうというわけだ。それを思えば神経症の症状で本物の病気やケガになることもなければ死ぬこともない。神経症のグチなど「ほら吹き男爵」に比べたら実にかわらしいものである。

« 神経質礼賛 573.蝉 | トップページ | 神経質礼賛 575.退屈な話 »

コメント

先生こんにちは。症状についての詳しい解説をありがとうございました。

ミュンヒハウゼン氏は実在した人物で、ドイツのBodenwerder(ボーデンヴェルダー市)に資料が保管・展示されています。私自身は彼地を訪れたことはないのですが、依頼されて、市の観光局のサイトを日本語に訳しました。

空想や奇想天外な発想が、物語という文学作品に結実するのは素晴らしいことですけれどね。このような「症状」として表れると恐ろしいことになります。

「何が何でもケガ」をすれば、仕事もできないし日常生活にも大きな支障があると思います。どのような目的・利点が根底にあるのでしょうか?また「代理」というのも酷いですね。他人に障害を与え、場合によっては死に至らしめるとすると、殺人が目的ということでしょうか。

コメントいただきありがとうございます。
さすがドイツにはお詳しいですね。
おっしゃるように「ほら吹き」の才能(?)が文学・芸術分野の作品だとか奇想天外な発想として科学技術上の発明だとかに生かせればすばらしいことです。

かなり痛くて苦しい思いをしても周囲から優しくしてもらえるというわけなのですが、常人には理解しがたいことです。重度のパーソナリティ障害が根底にあるのだと思います。悲劇の母親を演じるために自分の子供に危害を加えるのは、最近よく報道される「虐待」と重なる部分があるのでしょう。

お返事ありがとうございました。たしかに病気なのですから、常人には理解できない症状です。

私は帰国後、なぜか湿疹に悩まされています。皮膚炎と診断され、体に広がる痒みをおさえようと薬を塗っています。湿疹ですら日常生活に支障がありますね。就寝中も目が覚めるし、外出先では焦りと不安が出てきます。重度のケガを自ら負い、普通の生活を放棄してでも周囲の優しさを得たいというのは、おっしゃるように何か相当な障害を内に秘めているようで恐ろしいです。

湿疹もなかなかつらいものです。痒みで日中は仕事や勉強に集中しづらいですし見た目も気になります。それに夜は不眠になってしまいますね。もう少し涼しくなってきたら改善するかもしれませんよ。どうぞお大事にして下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 573.蝉 | トップページ | 神経質礼賛 575.退屈な話 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30