フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 589.ひたむきに生きる | トップページ | 神経質礼賛 591.ミニトマト »

2010年9月27日 (月)

神経質礼賛 590.屁理屈

 森田正馬先生のところには、著書を読んだ人からアドバイスを求める手紙がしばしば届いた。その中には、自分以外の人について相談するものもあった。

 相談者の友人は28歳事務員。人を訪問したり社長と話をする時に、顔面がふるえ、思うことが言えない、自分は世界一の不幸者だと泣いて訴える、結婚問題を恐れ、儀式ばった三々九度はできないから、いっそカフェーの女給と一緒になっちまおうと言う。気の小さい友人を救って下さい、という手紙だった。

 それに対して森田先生は次のように回答している。

 出世したいといふ事を忘れて、課長の前で恥かしがり、立派な妻を獲たい事を失念して、下等の女を楽に弄ばんとする等は、皆自分の心底の本来の性情即ち欲望の捨て難いといふ事に氣が付かず、誤りたる見解、屁理屈を以て、目前の自己の苦痛から逃れんとする卑怯なる心掛けである。

 而も若し之が意志薄弱者で、本来欲望の乏しい性質ならば、それなり済むけれども、神経質の性格は、之に反して欲の上にも欲があつて、欲望の捨てきれず、其上に、其大欲望を、苦痛も恐怖もなく、安楽に獲得しやうとする蟲のよい理屈を割出すから、其結果として、他人の成功は、只で楽に出来たやうに、偏見を以て解釈するのである。(白揚社:森田正馬全集第4巻 p.449

わがままを言ってないで自ら努力する他ない、ということなのである。神経質には強い発展向上欲がある。具体的には出世したい、すばらしい女性と結婚したい、ということも含まれる。そういう強い願望があるからこそ、人前、特に上司や異性の前で緊張するのは当然のことだ。だから緊張して顔面がふるえたとしても、ビクビクハラハラしながらも話をしていくしかない。自分ばかりが特別緊張する、と考えるのは神経質特有の差別観からである。「自分は世界一の不幸者」というのは屁理屈で、現実逃避ということになる。相談者の友人はグチをこぼすだけで、実際に女給と一緒になる勇気などないだろう。グチをこぼしても得られるものは何もない。少しでも建設的な行動を積み重ねていけば、やがてそれが実績となっていく。「どうせ自分は・・・だ」「いっそ・・・してしまおう」という屁理屈のヒネクレはやめにして、気分はともあれ目の前のやるべきことに取り組んでいけば、いつかは道が開けてくるのである。

« 神経質礼賛 589.ひたむきに生きる | トップページ | 神経質礼賛 591.ミニトマト »

コメント

先生、こんにちは。神経質人間にも短所と長所がありますね。大切なことは、特質をよく理解して、良い部分を伸ばそうとする前向きな姿勢でしょう。

神経質人間の短所は「腰が重い」ということですよね。私は最近、「小さな一歩」を心がけています。とりあえず、小さく動いてみる。そして動きの回数を多くしてみるのです。失敗しても小さなことなので、あまり気になりません。次にまた違う動きをしてみます。

また、「好きなこと・楽しいこと」を優先して考えると、行動もだいぶ変わってくると思います。好きなことに使う時間が大切だと思えば、考え込んだり悩んだりする時間も惜しくなってくることに、ようやく気づきました。

神経質人間は、あえて苦労を背負いたがる気質だと思います。向上心が強いからそうなるのでしょう。森田先生のおっしゃるように、根底にあるのは、「もっと幸せになりたい」という願望ではないでしょうか。だとすると、それを肯定する姿勢に変えた方が楽だと思いますね。

コメントいただきありがとうございます。

そうですね。「小さな一歩」の積み重ねが大事です。大きな目標、高くそびえる山を見るとびびりますが、結局は「小さな一歩」の積み重ねです。歩数を重ねていけば大きな前進になります。そしていつか大きな目標を達成できる日が来るでしょう。「ウサギとカメ」のカメさんのようにトコトコ歩いていきましょう。
「生の欲望」というと難しく感じますが、結局はおっしゃるように「もっと幸せになりたい」なのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 589.ひたむきに生きる | トップページ | 神経質礼賛 591.ミニトマト »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30