フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 590.屁理屈 | トップページ | 神経質礼賛 592.地デジTV »

2010年10月 1日 (金)

神経質礼賛 591.ミニトマト

 今年の夏が酷暑・少雨だったため、農産物や海産物に大きな影響が出ている。秋の味覚サンマが全くの不漁となっていて、目黒のさんま祭りは何とか実施されたものの同じようにサンマをふるまう各地の祭りが中止になってしまったという。スーパーへ行くと、野菜の高値に驚いてしまう。そのためか単身者向けのレタス・キャベツなどを刻んで袋に入れた「カット野菜」は姿を消した。キュウリは1本68円で売っていたが、買ってみると外見は新鮮そうに見えても中がスカスカで質が悪かった。食卓や弁当に彩りを添え、手軽に食べられるミニトマトは1パック普段148円位だったのが何と398円にまで跳ね上がり、しかも品薄である。たまたま1パック298円のミニトマトを見つけて、どうしようかと迷い売場を一回りしてきたら売切れてしまった。負けた・・・本職の主婦にはかなわない。

 ミニトマトはベランダのプランターでも作ることができるが、売っているように鮮やかな赤色で甘いものを作るのは難しいようだ。病院でも畑でミニトマトを作っていて、森田療法の患者さんたちが育てていて収穫すると販売している。いろいろ工夫しているけれども、やはり味や色は市販品にはかなわない。我が家でも、近くの信用金庫でもらったミニトマトの栽培キットを試してみた。「トマトちゃん」と書かれた缶に湯を注げば栽培土のできあがり、という何ともインスタントな構造である。冷めたところで種を蒔いた。発芽した中から一番ふてぶてしそうな芽を選んで水をやっていたにもかかわらず枯れてしまい、プランターに移すには至らなかった。水のやりすぎもいけないらしい。苗を買ってきて育てた方が無難だとも聞く。小さな実だから作るのは簡単そうに思えるが、実際に育てて収穫できるようにするのは大変なことなのである。よく観察して気を配る神経質が必要なようだ。

« 神経質礼賛 590.屁理屈 | トップページ | 神経質礼賛 592.地デジTV »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 590.屁理屈 | トップページ | 神経質礼賛 592.地デジTV »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30