フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 624.えせ契約(Bogus Contract) | トップページ | 神経質礼賛 626.夏目漱石の性格 »

2011年1月14日 (金)

神経質礼賛 625.歩行速度は健康のバロメーター

 先日の読売新聞に「速く歩く人ほど長生き・・・米医師が65歳以上調査」と題する記事があった。65歳以上の男女3万人以上の歩行記録データを解析したところ、どの年齢でも秒速1m以上で歩く人は比較的長く生き、歩くのが速い人ほど余命が長かったという。逆に秒速0.6m以下の人は早く亡くなることが多かったそうである。速く歩くためには強い心肺機能や筋力が必要で、歩行速度が健康度の目安になったと考えられる、とのことである。

 逆に速く歩けばより健康になれるか、というと保証の限りではないが、よく知られているように速歩きには体内脂肪燃焼効果があって、内臓脂肪の減少が期待でき、健康上プラスに働く面が多いと思われる。健康のための運動というと誰もがまずジョギングを思い浮かべるけれども、ウォーキングならば手軽にできるし、膝や足の関節を痛めるリスクも少ない。通勤や買物の際、車を使わずに速歩きにすれば、ガソリン代が浮くし、エコにもなって、一石二鳥いや三鳥くらいになりそうである。

 私は普段これといって運動をしていないけれども、電車通勤するようになってからというもの、かれこれ14年間、体重は61-62kgで変わっていない(体型は崩れてきているが)。朝夕の通勤の際は急いでいるので倍速モードで歩いていて、駅の階段の昇り降りもあって、それなりの運動効果があるのだろう。片道2-3km位の所ならば車を使わずに歩いている。信号のタイミングを見計らって、ここはもっと速く歩けば青信号に間に合うとなるとついスピードを上げてしまう神経質が作用していることもあるかもしれない。どれだけ効果があるかわからないけれども、せっせと歩き続けようと思っている。

« 神経質礼賛 624.えせ契約(Bogus Contract) | トップページ | 神経質礼賛 626.夏目漱石の性格 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 624.えせ契約(Bogus Contract) | トップページ | 神経質礼賛 626.夏目漱石の性格 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30