フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 629.薹 | トップページ | 神経質礼賛 631.雪の日や あれも人の子 樽拾い »

2011年1月31日 (月)

神経質礼賛 630.小人の過や 必ず文(かざ)る

 森田正馬先生は患者さんの指導の際に禅の言葉を引用しておられたことはよく知られているが、必ずしも禅語ばかりではなく、古今東西の名言を用いておられた。論語の中の「子夏曰、小人之過也必文」・・・小人があやまちをすると、必ずつくり飾ってごまかそうとする・・・を引用して冒頭のように書かれた色紙がある。森田先生の言う「小人」とは神経質を生かせていない人間のことだと考えられる。

 普段から失敗を人一倍恐れる神経質人間は、失敗した時には自己弁護に走りやすい。その結果、あれこれ言い訳することになる。私自身、過去を振り返ってみると、そうした数々の卑劣な言動が思い出される。森田先生は次のように言っておられる。

 二十三歳の大学生の日記に「両手に盆栽を持つて、階段を昇りきらうとする処で、ウツカリ滑つて倒れた。・・・不注意だといつて・たしなめられたが、自分は真面目に・真剣にやつて居るのにと思つて、少々癪に障つた」といふ事があつた。(中略)「シツカリして倒れた」とか、「豫定通りに怪我した」とかいふ事はない筈であるから、「ウツカリ」といふ言ひわけ即ち自己辨護のために徒らに、心づかひするため、自分があぶないものを両手に持つたといふ不真面目には、少しも氣がつかない。斯様な人は、何度でも、過失を重ぬる人達である。 (白揚社:森田正馬全集 第7巻 p.431

 しっかりしていようが、うっかりしていようが、客観的には、両手に盆栽を持って階段を昇っている途中で倒れて、盆栽を落としてしまった、という事実があるだけである。言い訳するよりも、失敗を心に深く刻んで同じような失敗を二度と繰り返さないように工夫と注意をしていくことの方が大切である。

« 神経質礼賛 629.薹 | トップページ | 神経質礼賛 631.雪の日や あれも人の子 樽拾い »

コメント

日記指導は患者さんとの真剣勝負でもありますね。むかし、20代の前半ごろ、今回の引用部や、「森田先生の言い方はずけずけでこころ憎い」のあたりを読んで、「思いのままを正直に書いたのに先生からこう斬り込まれたら、もう安心して本音は語れないな」と思ったものです。
 今にして思えば、日記でのやり取り自体が「練習」ではなく、人との交流の「本番」だったのですね。そこでは、自分はこう思うにしても言われた相手は傷つかないか等々の配慮が不可欠。「先生に対しては何でもあけすけにぶちまける」という杓子定規がいかにも神経質流の間違いでした。
 わたくし娑婆で毎日立腹を更新していますけど、それに足をとられず、おのれの性を尽くすよう、四分先生に助けてもらっております。

たらふく様

 おっしゃる通りで森田療法での日記は真剣勝負です。日記と言うよりも毎日の報告書、業務日報と言う方が実際に近いかも知れませんね。日記も「外相を整える」「症状を問題にしない生活態度を身につける」上で役立つものと考えます。
 日記だから言いたいことをぶちまける、という方は往々にしておられます。ズバリ辛口のコメントを書こうものなら翌日の日記はコメントに対する怒りを書きまくる人も時にはいます。しかし、「よくがんばっていますね」「よかったですね」などという認知療法風の甘口コメントだらけでは森田療法の効果は期待できません。苦しくても行動したことは大いに褒め、気分本位の生活態度は注意し、というようにしています。とは言え、昨今は森田神経質とは言えないような患者さんも多いですから、甘口コメントが多くならざるをえません(苦笑)。 

四分先生、お大事に!

たらふく様

 お気遣い下さりありがとうございます。

       by (八分)×2

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 629.薹 | トップページ | 神経質礼賛 631.雪の日や あれも人の子 樽拾い »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30