フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 631.雪の日や あれも人の子 樽拾い | トップページ | 神経質礼賛 633.伊達直人現象 »

2011年2月 4日 (金)

神経質礼賛 632.がんばれ受験生(その2)

 ちょうど3年前に同じタイトルで書いた(272)が、またまた我が家の子供たちの受験シーズンが巡ってきた。先日、受験料を三井住友銀行で振り込んだら、「合格鉛筆」をもらった。断面が六角形ではなく五角形・・・ごかく→合格、というわけである。何て気が利いたサービス、と感心する。スーパーの店頭には例によって合格グッズのコーナーがある。例年並んでいるキットカット(きっと勝つ)、コアラのマーチ(寝ていても木から落ちない)、Toppa(突破・トッポの限定版)などの菓子とともに、キットカットとコーヒーと五角形のマグカップ(合格マグカップ)をセットにしたものもある。ローカル商品では「絶対勝男クン」というカツオチップとピーナツが入った菓子がある。「必勝祈願DHA鰹パワー」と書かれている。カツオチップとはふりかけ「おかか」の茶色い部分を大きくしたようなもので、なかなかおいしい。受験生よりもオトウサンたちのビールのつまみに最適なような気がする。駅のキヨスクでも「頑張っている受験生に」という張り紙が目に付いて見れば、N700系新幹線のぞみ号の形をした紙箱に入れたキットカットが売られている。JR東海限定で値段は12枚入り840円と高いが、「のぞみがかなう」のだそうだ。

いくら縁起をかついだところで、試験は実力・その日の体調と気力・いくらかの運で決まるものだ。そうはわかっていても不安なので寺社で願をかけたり合格グッズを買ってしまったりするのである。

 緊張しやすい神経質な受験生にとってはつらい時期だろうと思う。何とか不安を追い払おうとすればするほどますます不安になってくるものである。試験前は誰だって不安なのであって、何とも仕方ない。いざ試験や面接に臨んでドキドキしても、「これは自然なことで想定範囲内のこと。緊張しないようでは困る」と開き直って、自分の状態を観察することはやめにして、とりあえず目の前の試験問題や面接官に注意を向けていくことが大切である。がんばれ受験生。がんばれ神経質。

« 神経質礼賛 631.雪の日や あれも人の子 樽拾い | トップページ | 神経質礼賛 633.伊達直人現象 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 631.雪の日や あれも人の子 樽拾い | トップページ | 神経質礼賛 633.伊達直人現象 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30