フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 650.欲望と恐怖の調和 | トップページ | 神経質礼賛 652.洗濯機の排水トラブル »

2011年4月 1日 (金)

神経質礼賛 651.嘘

 今日4月1日は御存知エイプリールフール(April Fool`s Day:四月馬鹿)の日である。その起源については諸説があるが、決定的なものはない。いつも4月1日になると、海外のメディアが嘘のニュースを流して話題になる。これが大騒ぎの原因になることもある。どうせなら、夢のある嘘ニュースを流してもらいたいものである。

 日本には「鷽(うそ)」という名の鳥がいて130円切手の図柄になっている(お暇な方はJPのホームページで「普通切手一覧」を御覧下さい。実物を見たことのない3円切手・ほととぎす、とか1000円切手・松鷹図、とかもあって面白い)。鷽と嘘が同音であることから、各地の天満宮では「うそ替え」の神事が1月に行われる。中には4月に行う天満宮もあるという。前年にあった災厄を嘘にして今年は吉にしようと祈るものである。同じ嘘にまつわる行事でも、こちらはエイプリールフールと違って人に迷惑がかかる心配はないし、災い転じて福としよう、という東洋的発想がなかなかいい。

 神経質人間とりわけ強迫的な人は嘘が嫌い、というよりも実は、人から嘘つきと思われることを極度に恐れる。それはそれで良いことではあるのだが、間違いがあってはいけないと過度に確認して身動きできなくなってしまう人がいる。こういう人が外来診察に来ると症状を事細かに書いた数ページにわたるメモを取り出し、長々と読み上げていくことになる。少々良くなっても、良くなった点には注意がいかず、新たな「症状」を見つけ出してくるので、メモが減ることはない。嘘を言ってはいけない、落ちがあってはいけない、もし言うことが不十分だと誤った診察をされてしまうかもしれない、ということなのだろうが、そのためのメモを作る時間や労力があるのなら自分の家の中を見渡せばいくらでもやるべき仕事はみつかるはずである。そして「症状」はあっても、次々と仕事をみつけて行動していくようになれば、気がついたら「症状」は消えていた、というような治り方をするのである。

« 神経質礼賛 650.欲望と恐怖の調和 | トップページ | 神経質礼賛 652.洗濯機の排水トラブル »

コメント

4月より、さらに忙しい部署に配属され、エイプリルフールならいいのにと心の底から思ってしまいました。

自己中心で考えれば、震災より電車もあり得ないほど混んでるし、パニック持ちなんだから日々通勤との戦い、勘弁してと思います。
でも、先生のお話の通り、通勤に苦しんでいるより、会社・家庭ではやるべきことが沢山あります。

今ある生活を大切に、やるべきことをやるということに神経質をもっていきます。
プラスに考えれば、もしかしたら、私の頑張りを評価してくれての異動かも知れませんし。

娘と散歩に出掛けると、桜が咲いていました。桜が早く東北にも咲いてくれればいいのにと思いました。

アッシュ様

 今年は寒かったためか、ここ数年の中では桜の開花が遅いようですね。私が住んでいる街でもようやく咲き始めました。寒い冬の間、ガマンして少しずつエネルギーを蓄えて春の到来を告げるように一気に開花する桜花には、元気づけられますね。何のはからいもなく、あるがままに咲く花たちは、東北在住の方々だけでなく、日本人全体を明るくしてくれることでしょう。

 忙しい部署というのは大変でしょうけれども、やりがいがある・能力が発揮できる部署でもあります。おっしゃるように、実力を評価されての異動という可能性もありそうです。前話のように恐怖はありながらも生の欲望に背中を押されながら日々過ごされたら、と思います。とはいえ、時には適度に休符を入れて、お子様と楽しい時間を過ごされるのも良いでしょう。御健闘をお祈りします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 650.欲望と恐怖の調和 | トップページ | 神経質礼賛 652.洗濯機の排水トラブル »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30