フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 666.生肉による食中毒 | トップページ | 神経質礼賛 668.中味だけの販売 »

2011年5月20日 (金)

神経質礼賛 667.音波振動歯ブラシ

 パナソニックのポケットドルツという名前の音波振動歯ブラシがよく売れているらしい。小型であり、女性が小さなバッグに入れて持ち運びに便利なサイズである。ホームセンターでも売っているが、さらに価格が半分以下の中国製の音波振動歯ブラシがあった。商品名がHilipsとなっていて、いかにもアヤシイ。電気カミソリが有名で電動歯ブラシも作っている世界的電器メーカーPhilipsからPを取ったネーミングである。ヒリップスと読ませるのか、ハイリップスと読ませるのか。販売しているのはオーム電機というテーブルタップなどの小物電器製品でよく見かけるメーカーなので、それほど悪いものでもなかろう、と一応信用して試しに買ってみた。

 アルカリ単4電池1本で駆動する。電池寿命は1回2分、1日2回使用で40日なのだそうだが、1回2分という計算は甘い。3分で計算してほしい。神経質人間としては気になるところである。

 スイッチを入れるとブーンと軽い音がして歯ブラシが振動しているのを感じる。歯にあてて普通よりゆっくり動かしてみる。使った印象は、歯の表面は少しツルツルになったかなあとも思うが、今までより特別きれいになったという実感はない。気休めプラスアルファ程度の効果かなと思う。

 20年ほど前、電子歯ブラシと称するものを使ってみた時期がある。ブラシの柄の中にボタン電池が内蔵されていて、帯電したプラークがよく取れるというような説明が書いてあった。ブラシ先端部は交換できるようになっていた。本体の電池は交換ができないので無理やりこじ開けて電池交換して使っていた。本体が傷んで2回くらい買い換えただろうか。そのうち市場から姿を消した。やはり効果がなかったということなのだろう。

 この音波振動歯ブラシも効果が実証されなければ姿を消していく運命となる。とりあえず当分は使ってみるとしよう。

« 神経質礼賛 666.生肉による食中毒 | トップページ | 神経質礼賛 668.中味だけの販売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 666.生肉による食中毒 | トップページ | 神経質礼賛 668.中味だけの販売 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30