フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 686.ゴーヤ | トップページ | 神経質礼賛 688.台風対策 »

2011年7月18日 (月)

神経質礼賛 687.約款

 私が加入している生命保険は10年毎に契約更新することになっている。今回が最後の契約更新である。今まで死亡時保障を4000万円にしていたが、同じ条件だと年齢の関係で保険料が非常に高くなってしまう。もう、そういう歳なのか、とも思う。死亡時保障を1500万円に下げて契約更新することにした。保険会社から「特約更新のしおり」つまり約款が送られてきた。しおり、という名前に不似合いな電話帳のような冊子である。552頁もある。パラパラ見たが、これを全文読む元気はない。もっと薄い自動車保険の約款も正直言ってきちんと読んだことがない。いざという時のためにはしっかり読むべきなのだが、必要な時に読めばいいや、という風である。一応、約款の類はまとめて保管してはある。

 以前、外来で担当していた患者さんに約款神経症とでもいう人がいた。強迫神経症で不完全恐怖があって、確認行為が目立つ人だった。保険の約款を全部読み、少しでも疑問点があると何度でも保険会社に電話しては確かめなくては気が済まない。その時は納得しても、しばらくすると心配になってまた電話で確認する。電話代はかさむし日常生活にも支障をきたす。

 私の場合、約款に関してはちょっといい加減で困るが、この人のように頭の中が約款だらけになっても困る。一番良いのは、一通り読んで大体のところは理解しておき、何か問題が起きた時にはすぐに該当部分を確認できるようにしておく、といったところだろう。神経質人間は局所完全主義に陥りやすい。「過ぎたるは及ばざるが如し」である。かといって、いい加減ではなく、程良い加減がベストだ。

« 神経質礼賛 686.ゴーヤ | トップページ | 神経質礼賛 688.台風対策 »

コメント

四分休符 様

私が、強迫神経症という名前を意識したのは、森田理論を知って、始めて読んだ本、
「なんでも気になる心配症をなおす本」(青木薫久著)に書いてあったからです。

その本の中に、こんな記述があります。
「焦らず、怠らず」1日1日、プラスの行動を積み重ねていくこと。遠回りに見えますが、最良の道なのです。

励ましを受けているようで、安心します。

19630303様

 そうです。ごく小さなことでも良いから
行動を積み重ねていくことが大切なのです。
 精神科でよく言う「あせらず、あわてず、
あきらめず」は神経症の人にも言えること
です。

ここ数日、あの嫌なフワフワバクバク感が復活しています。人混みに恐怖心が復活しています。娘と二人で都心に出掛けなくてはならず、あの嫌な感じがでたら娘はどうなるんだろうと更に自分を追い込む感じ…。
約款確認をせずにいられない気持ち、きっと止めたいのにやめられない。考えを捨てきりたいのに捨てられない。わかるような気がします。

忘れようとすると、余計にとらわれてしまうのですよね。だから、生きるためのやることをやる。その繰り返しでなんとか、やり過ごしたいです。


アッシュ様

 考えを捨てきりたいのに捨てられない。忘
れようとすると余計にとらわれる。まさにそ
の通りです。

 フワフワバクバク感は嫌なものですし、「
もし倒れたらどうしよう」という考えも浮か
んでくることと思います。パニック発作は死
ぬほど辛いけれどもそれで死ぬことはありま
せん。そして時間が経てば必ず切り抜けられ
ます。

 もし、以前に処方してもらったソラナック
ス等の抗不安薬が残っているようでしたら、
実際に飲むかどうかはともかく、「御守り」
として持っているだけでも不安を和らげてく
れるかと思います。

 目的本位ということからすれば、娘さんを
連れて都心まで行くということそのものに専
念すればよいのであって、恐怖心が出るか出
ないか、フワフワバクバク感が出るか出ない
かという途中のプロセスは問題ではない、と
いうことになります。御自分の心臓の鼓動に
一喜一憂するのではなく、節電で暗くなって
いる駅や車内などで周囲に注意を向けて、安
全に娘さんと目的地へ行くことに神経質を使
っていかれるとよいのでは、と思います。

 今日はTVのニュースは、なでしこジャパ
ンの優勝でもちきりでしたね。しかし、心配
なニュースは超大型の台風です。動きが遅い
ので明日から3日間くらい大きな影響を受け
そうです。神経質を活かして対応したいもの
です。

そちらは大雨の影響は大丈夫でしょうか。こちらは時折、激しい雨が降っています。ビクビクしながらも、都内への用事を済ませることができました。いざ出掛けてみると、娘が雨に濡れないか、人混みにに驚いていないかと考えているうちに、用事を済ませて帰ってきたという感じでした。他のことに神経質を使えば、症状に一喜一憂する暇はないのですね。

アッシュ様

 無事に娘さんと都心まで行かれて目的を果
たされたのですね。本当に良かったです。
 娘さんのことをひたすら考えられて「ものその
ものになる」を実践されたのだと思います。

 ご心配いただきありがとうございます。最悪の
場合、駅近くのビジネスホテルに泊まることを考
えて準備していましたが、台風の進路が予測より
南寄りだったので助かりました。電車も通常運転
で無事帰宅できました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 686.ゴーヤ | トップページ | 神経質礼賛 688.台風対策 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30