フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 689.神経質人間・出光佐三 | トップページ | 神経質礼賛 691.中国高速鉄道事故 »

2011年7月29日 (金)

神経質礼賛 690.道は近きにあり

 森田正馬先生の時代には神経症(不安障害)は神経衰弱と呼ばれ、治りにくい病気として恐れられていた。そして、種々のインチキ療法や新興宗教による治療が隆盛をきわめていた。森田先生は患者さんたちの前で次のように言っておられる。

 しかるに僕の神経質療法は、「病ではない」とか、「治らぬと覚悟せよ」とか、「不眠など、どうでもよい。眠るに及ばない」とかいう事になると、普通の患者はたいてい逃げてしまう。しかし神経質の患者を、いたずらに患者の心持に迎合し、気休めのような事をすれば、一時はその症状がよくなるにしても、その根治は決して望まれない。

 真理は平凡である。「道は近きにあり」で、決して奇抜でもなければ、僥倖にあこがれるというわけには行かない。これを理解する人の少ないのも無理のない事である。(白揚社:森田正馬全集第5巻 p.721

 症状を何とかなくしたい、この症状さえなければ自分は何でもできるのに、という思いが神経症の人には強い。しかし、症状をなくそうとする「はからいごと」自体が自分の心身に注意を向けて、感覚が鋭敏になり、ますます症状を強めたり、新たな症状を作り出したりしてしまう。つまり森田正馬先生が「精神交互作用」と呼ばれた悪循環に陥ってしまうのである。症状は仕方なし、相手にしないという方針で、目の前の仕事に取り組む、仕事がなければやるべきことを探して行動していく、ということを続けていけば、神経症の症状はいつしか忘れているものなのである。道は近きにあり、日常の生活の中にカギがあるのだ。症状でつらい時に、「ここが勝負どころ」とふんばり、そして一歩前進でよいから行動していくことが大切である。

« 神経質礼賛 689.神経質人間・出光佐三 | トップページ | 神経質礼賛 691.中国高速鉄道事故 »

コメント

四分休符 様

 「道は近きにあり」、とてもいい言葉ですね。暗闇の中に、明かりが灯っているようで。
 症状が辛いときに、どのように考え、どう対応するのかが、とても重要だと感じました。
 「あるがまま」というと、受け止めにくいけれど、先生が書かれているように、「ここが勝負どころ」と考えると、踏ん張れるような気がします。

19630303様

 森田療法のすばらしいところは、いつで
どこでも実行できることです。医療機関に
かかるばかりが治療ではありません。日常
生活の一コマ一コマが治療の場なのです。

 辛いところでひと踏ん張りしてみれば道
は開けてきますよ。

四分休符 様

 私の子は、下が双子です。
残念ながら、3人とも男の子です。
大きくなると、少しもかわいくありません。生意気な言葉は使うし…。
真ん中の子は、神経質な性格みたいです。
試験や試合の前になると、必ず腹痛になるし、旅行の前には、熱は出すし…。
少し、心配しています。
健康で、すくすく育つことを願いつつ、できるだけ、口出しせず、見守ろうと思います。


19630303様

 お子様が神経質ということですが、神経質性格を生かせば大成します。森田正馬先生は次のように言っておられます。

 「自分は頭が悪い、読書が少しもできぬ」と苦しむ人が、学校成績は一番になったりする事もあるように、およそ神経質は、何事につけても、いわゆる劣等感で、自分の悪い方面ばかりを考えるものであるから、事実においては、神経質は常に善良優秀なる人であるべきである。これがすなわち我々が、神経質に生まれたという事を感謝すべき事柄であります。これに反して、ヒステリーとか・意志薄弱性素質とかの人は、常に自分のよい面ばかりを考えて、独り得意になっているから、丁度神経質と反対になります。(白揚社:森田正馬全集 第5巻 p.432-433)

 私もそうなのですが、親としては心配でつい、いろいろ言ってしまいがちです。「できるだけ口出しせず見守る」というのはよい対応だと思います。

症状に振り回されそうになったとき、勝負どころと思う。わかる気がします。
時折、むくむくとパニックの恐怖心が湧いてきますが、先生のブログに助けられながらも、逃げることなく過ごせば数日で心の切り替えができるような気がしています。。

パニックが起きたときは治療のチャンスと思うのは、画期的です。自分でいうのもなんですが、自分を追い込むのが癖の神経質タイプですので、今乗り越えれば、また怖くなくなると頑張れそうです。

パニックが起きるのをチャンスと思って、楽しみに待てるくらいの余裕がでればいいのですが(笑)

断薬して、3週間が過ぎました。
症状は、依然としてあるものの、大きなリバウンドもなく、なんとか生活しています。
便秘は、1週間だったのが、ほぼ毎日に、戻りました。
森田理論を勉強し、神経症は、病気ではなく、マイナスのクセがついているだけであることを知りました。
まだまだ、完治とは言えませんが、今後とも、プラスの行動を心がけたいと思います。

アッシュ様

 そうです。ピンチはチャンスなのです。
 症状が出てきた時には、「おいでいただいてありがとうございます。申し訳ありませんが、ただいま多忙につき十分にお相手していられませんので」と、うやうやしくお帰りいただきましょう。そのうち面倒くさくなって来なくなりますよ(笑)。

19630303様

 薬を急にやめるといわゆるリバウンドが起こることがあります。特にデパスやソラナックス(コンスタン)・ワイパックスといった短時間型の抗不安薬やSSRIのパキシルではよくあります。減量する時や休薬する時には必ず主治医の先生に相談して下さいね。3週間経って特に症状の悪化がなければ概ね大丈夫だと思います。
 あとは悪いところ探しをしないで、やるべき仕事を探して行動していくことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 689.神経質人間・出光佐三 | トップページ | 神経質礼賛 691.中国高速鉄道事故 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30