フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 697.オオキンケイギク | トップページ | 神経質礼賛 699.精神統一法 »

2011年8月22日 (月)

神経質礼賛 698.自宅に800冊がやってきた!・・・自費出版狂騒曲第1楽章

 自宅に800冊の『神経質礼賛』が送られてきた。妻のピアノと子供のサイレントドラムと私のヴァイオリン・ヴィオラ類が置いてある部屋は本に占領されてしまった。1冊約375gとして総重量300kgである。大地震が起きて自分の本に埋もれて死んだりしたら恥だろうな、と神経質らしく心配する。

 「いよいよ四分休符のヤツ、マニった(躁状態になった)か!」と思われるだろうが、私なりに熟慮を重ねての行動である。

 かつて大阪のメンタルヘルス岡本記念財団で「心の健康セミナー」の講師をした際、岡本常男理事長(現・会長)さんから「森田療法の本を書きませんか」と言われたことがある。岡本さんはビジネスマン向けに森田療法関連本を書かれている。お話を伺って、森田療法に関わる精神科医が本を出して、もっと森田療法をアピールしてほしい、というお気持ちがひしひしと伝わってきた。当時、私はまだ若僧だったし、今でもうだつの上がらぬ勤務医に過ぎない。大学教授や有名病院の院長ならばともかく、一介の勤務医が本を出すにはハードルが高過ぎる。それでもこのブログが5年近く続いたところで自費出版を決意した。

 自費出版といってもどこに依頼したらいいものだろうか。いろいろ調べてみた。自費出版で有名なB社だと、自分の本が一部の書店に並び、毎日新聞に広告を出してくれるというのがとても魅力的だが、著作権の扱いや金銭的な問題で裁判にもなっているようなのでそこは避けた。講談社や中央公論といった大手出版社のホームページにも自費出版の案内があって、それによれば、四六版(B6版よりわずかにタテ長)ハードカバー300頁の本を1000部刷るのに205万円、それ以外に納品手数料や在庫管理料がかかる。これでは少々負担が重い。そこで森田療法関係の本を数多く出している白揚社に相談したところ、それより安い価格で作ってもらえることになった。1000部刷って200部を白揚社に置いてもらい残りは私の自宅に保管し、売れゆき状況に応じて白揚社に送ることとなった。運送料が相当かかりそうだが、それでも大手出版社の自費出版サービスよりは金銭的な負担は少ないと踏んだ。それで、一挙に800冊が自宅にやってきたのだ。

当初の原稿だと分量が多すぎて100ページ以上カットした。音楽関係の記事もカットの対象となった。表紙カバーはデザイナーに頼むとお金がかかるので、編集者さんが考えて下さった。1年近く要してやっと出版にまで漕ぎ着けた。

 価格は本体1600円プラス税で1680円。①書店からの注文販売、②白揚社の直販、③アマゾンを通してのネット販売である。1000部のうち100部は図書館などに寄贈する。本が届いたらすぐに送れるように、先月から大型封筒に宛名書きをし、切手も貼って準備していた。

 さあ、これから自費出版狂騒曲はどうなっていくのだろか。第1楽章でフェードアウトしてしまうのがオチかもしれない。また動きがあったら続編を書きます。

 なお、明日23日(火)、読売新聞に掲載される白揚社の広告の中に(小さく)本書の書名と著者名を入れてもらうことになっています。

« 神経質礼賛 697.オオキンケイギク | トップページ | 神経質礼賛 699.精神統一法 »

コメント

先生、自費出版おめでとうございます。
昨日、コメントを送信した後、本が写っているのに気づき、一度、聞いてみようと思っていたところでした。
森田療法をわかりやすく、身近に感じることが出来る素晴らしい本だろうと推察します。
私も、是非読ませてもらおうと思います。

先生の家族は、音楽一家だったですね。
家族で、共通で取り組めるものがあるって、素晴らしいですね。
とても、羨ましく思います。
ちなみに、私は、不器用なので、楽器は苦手です。

メンタルヘルス岡本記念財団の講師をされたことがあるのですね。
私は、財団のホームページにある体験フォーラムの会員になっています。
あまり、投稿はしていませんが、毎日、拝見しています。
管理人のmandyさんのアドバイスを参考にさせてもらっています。

まとまりのないコメントになってしまって、申し訳ありません。
今後も、ブログを楽しみにしています。 

19630303様

ありがとうございます。「チリも積もれば山となる」「継続は力なり」の言葉の通り、毎日の積み重ねが大切です。地道にブログを書いていたことで、本を出すことができました。

メンタルヘルス岡本記念財団のmandyさん(man和尚)は当ブログにも時々コメントを下さいます。森田療法の本質を熟知された方です。mandyさんのことは初期の記事(39話)で紹介しています。良い指導者と出会われましたね。

先生、出版おめでとうございます。

素晴らしい事を計画されていたのですね。

私も、10年越しの夢が実現しました。福祉や奉仕に携わりたかったので、微力ですが、奉仕活動が出来ました。

目標を達成出来た時の喜びは、何とも云えない心地よさですね。

先生の本を購入して、ゆっくり読書をしたいと考えました。もうすぐ秋ですものね。読書の秋。食欲の秋。どちらも素敵です。

ヒロマンマ様

 コメントいただきありがとうございます。

 夢を実現させるというのはなかなか難しいことではあります。けれども「こうしたい」という願望を持ち続け、地道にできることを積み重ねていくうちに、気が付いたら実現できていた、ということにもなるのではないでしょうか。ヒロマンマ様も10年越しというように長い間、夢を捨てずに念じて、それに向けて行動されたからこそ、夢が実現できたのでしょう。これからも素敵な夢を持ち続けていかれるといいですね。

ご出版、おめでとうございます。
そこまでに至るまで、様々なご苦労があったことと思います。
ご苦労の甲斐があって素敵な装丁で良いご本ができあがりましたね。
出版後の反応が楽しみです。
内容の濃い良いご本だと思いますので、沢山の方に読んでいただければ私も嬉しく思います。
本当におめでとうございました。

スローライフ様

 コメントいただきありがとうございます。

 本文には書いていませんが、自費出版で
本を出してみよう、という気持ちを後押し
してくれたのが、スローライフ様の御著書
です。感謝しております。

 図書館や森田療法関係の団体に寄贈しま
したので、売れ行きはともかく、神経質な
性格や神経症(不安障害)の症状に悩んで
いる方がこの本を読んで元気を出してもら
えたら、と思っています。

先生ご出版おめでとうございます。
病院勤務を続けながら、立派な著作を完成なさるのは、森鴎外みたいでかっこいいです。森田先生もさぞお喜びのことでしょう。
さっそくセブンで注文いたしました。
手元に御本があればクロスリファレンスも楽勝でございます(笑)

たらふく様

 御注文いただきありがとうございます。

 アマゾンの登録が遅れてご不便をかけ
ました。今日、編集者さんが確認してく
れたろころ、アマゾン側からは、「夏休
み明けで、登録データがたまって遅れが
出ている」との回答だったそうです。
「神経質が足りない!」ですかね(笑)。

先生ご出版おめでとうございます。(今更なのですが・・・)第一話からコツコツ読み続けてココまで着ました。私も先生の本を購入させていただきました。最後の先生の経歴を食い入るように読破いたしました。私も森田を知って、今を生きることができるようになりました。それまでは、今をつみ重ねても将来どういう理由で崩れるか分からない、そうなったら今をがんばっても意味はない・・・と屁理屈をこね回しておりました。また、先生の御著書で勉強させていただきます。

神経質 様

 拙著を御購入いただきありがとうございます。本にはブログとはまた違った趣があるかと思います。特に「第3章 森田の言葉を読む」は繰り返し読み直していただけましたら幸いです。
 私自身、「あとがきに代えて」に書きましたように器用には生きられない、スロースターター人間です。そして、つまずいたり転んだりの繰り返しです。神経質な人にはよくあることだろうと思います。でも、それも持ち味で、いつかは役に立ちます。神経質様の御健闘を祈ります。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 697.オオキンケイギク | トップページ | 神経質礼賛 699.精神統一法 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30