フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 692.最後の(?)SSRI・レクサプロ | トップページ | 神経質礼賛 694.不思議飲料SOYSH »

2011年8月 5日 (金)

神経質礼賛 693.り系

 7月28日付読売新聞1面のコラムにK首相が周囲から「系」の人、と呼ばれているという記事があった。一応、東工大卒で「理系」出身ということなのだが、退陣表明した後もズルズルとその地位にしがみついて、「独りよが」・「思い上が」だから「系」の人なのだそうだ。

 学生時代は実験や実習に追われ、企業に就職してからも安月給で夜遅くまで働き続けている、実直な理系出身エンジニア諸氏は、「系」と一緒にされたら迷惑だろう。理系らしさの欠如したK首相は学生時代、真面目に実験や実習に取り組んでおられたのだろうか。市民運動に御熱心で理系としての教育をお受けになっていなかったのではなかろうか。首相である現在、科学的な発言は乏しく、他人の意見は聞かず、黒を白と言い張る能力に長けておられる。まるで近隣の言論統制国家の首長のようである。

 神経質人間の場合は、独りよがり・独善とは正反対に独悪(?)、自分は全然ダメだとレッテルを貼りがちである。仮に人が褒めてくれても、どうせお世辞だろうと考える。そして思い上がりとは正反対に思い下がり(?)、劣等感にさいなまれるのである。自分が損をすることはあっても、人に迷惑をかける心配はない。人畜無害である。気が小さいまま、自信が持てないまま、そのまんまでよい。そして、自分は劣等だからと黙々と努力し行動していけば神経質の良さが発揮できるのである。

« 神経質礼賛 692.最後の(?)SSRI・レクサプロ | トップページ | 神経質礼賛 694.不思議飲料SOYSH »

コメント

 「り系」の人は、「独りよがり」・「思い上がり」から来ているのですね。うまく考えたものですね。聞いたことはありましたが、そんな意味があるとは、知りませんでした。

「気が小さい」「自信が持てない」は、神経質な人間が悩む代表的な言葉なんですね。
先生が書かれている、「独悪」「思い下がり」確かに、こんな言葉あれば、神経質人間を表すのにピッタリな表現ですね。
どうしても良くないイメージが先行する神経質ですが、両面観で、良さが発揮できるよう、頑張りたい思います。

19630303様

 コメントいただきありがとうございます。
 「気が小さい」「自信が持てない」それでいいのです。小心翼々のままでよいのです。これが薬の力で変に気が大きくなったらそれこそ「り系」になってしまいます。
 神経質を悪者にしないで、神経質の良さを大いに活かしていきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 692.最後の(?)SSRI・レクサプロ | トップページ | 神経質礼賛 694.不思議飲料SOYSH »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30