フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 691.中国高速鉄道事故 | トップページ | 神経質礼賛 693.り系 »

2011年8月 3日 (水)

神経質礼賛 692.最後の(?)SSRI・レクサプロ

 国内では最後のSSRIとなるであろうと言われているレクサプロ(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)が今月22日に発売予定だという。今まで国内で発売されたSSRIはいずれも「うつ病・うつ状態」以外に各種不安障害の適応を取っているが、レクサプロは発売時「うつ病・うつ状態」のみが適応となる。長所は用量の調整がしやすい点であり、初期量10mgがそのまま維持量となりうる(最高用量は20mg)。薬価は212円とのことで、他のSSRIパキシル20mg錠やジェイゾロフト50mg錠とほぼ同等である。メーカーの担当者が持ってきた文献では、海外での解析データで他のSSRIに比べて有効性と忍用性が高かったとある。メーカーとしては、用量調整が容易である点と強力な効果・忍用性をウリに、まずはうつ病治療薬として売り込み、さらには不安障害への適応拡大を図っていく方針のようである。なお、他のSSRIと同様に消化器系の副作用が多く、国内臨床試験550例の調査では悪心が23.8%で最も多い。

 これで、また抗うつ薬の選択肢が増えたことになり、処方する側としては正直言って悩ましくもある。そしてレクサプロが不安障害への適応を取得すれば、メーカー間の競争が激化し、ますます売り込みに力が入っていくことだろう。神経質人間としては、供給が需要を拡大させる、などということにならないか心配である。

« 神経質礼賛 691.中国高速鉄道事故 | トップページ | 神経質礼賛 693.り系 »

コメント

参考になりました。
ありがとうございました。

セシル様

 まだ発売前の薬ですので、今後処方してみた医師の情報や服薬された方の情報が出てくることと思います。
 やはり、薬の評価が固まるのは発売後1-2年でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 691.中国高速鉄道事故 | トップページ | 神経質礼賛 693.り系 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30