フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 701.忘れ物 | トップページ | 神経質礼賛 703.医者と味噌は古いほどよい »

2011年9月 4日 (日)

神経質礼賛 702.へそのごま

 汚い話で申し訳ないが、へそのごまが気になって取ることがある。入浴した時に気がついて、本当はオリーブオイルなどを付けた綿棒で清潔にするのがいいらしいのだが、そんな悠長なことはやってられない、と耳かきを2本使ってこびりついたごまを取ってしまう(危険なので絶対にマネをしないで下さい)。へそのごまは垢ばかりでなく、白い繊維、つまり下着から出たカスも材料になっていることがよくわかる。

 

 最近の陸上競技の女子選手たちはTVで見ると、へそ出しスタイルで走ることが多くなっている。空気抵抗を少なくするためなのだろう。大勢の人に見られるのだから、いつもへそのお手入れをしているにちがいない、とつまらぬことを考える。さらに冷えると腹をこわしやすい神経質人間の私から見ると、おなかが冷えて体調を悪くしないだろうか、と余計な心配をする。

 

 強迫神経症で不潔恐怖のため汚れが気になって手洗いを繰り返す人はよくいるけれども、へその汚れが気になって強迫的にごま取りを繰り返してしまうなんていう話は聞いたことがない。普通は他人に見られることがないし、自分でも直接見ることは少ないだけに、へそのごまが気になる人はあまりいないのだろうと思う。

« 神経質礼賛 701.忘れ物 | トップページ | 神経質礼賛 703.医者と味噌は古いほどよい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 701.忘れ物 | トップページ | 神経質礼賛 703.医者と味噌は古いほどよい »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30