フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 749.太公望 | トップページ | 神経質礼賛 751.時が解決してくれる »

2012年1月30日 (月)

神経質礼賛 750.求不可得

 「求不可得」(求めて得べからず)は慧可(えか)大師の言葉だと言われている。慧可は名僧・達磨に参禅しようとして断られ、自ら左腕を切り落として真剣さを示し、弟子入りしたと伝えられている。森田正馬先生は「求めんとすれば得られず」ということで患者さんたちの前で話しておられる。

 禅に「求めんとすれば得られず」という事がある。そうかと思うとバイブルには、「求めよ。しからば与えられん」といってある。だから我々は常に、いたずらに言葉尻の詮索をしてはいけない。哲理にあれ・俳句にあれ・常に言葉よりは、いかなる場合の事実を表現したものであるか、という事を見抜く事の心掛けを忘れてはならない。 (中略) 「求めよ」という事も、珍しいものが欲しければ探して行け、一円が得たければ、それだけ働けということである。手を出さなければ得られるはずはないぞ、ということの奨励の意味である。すなわち実行における事実を表現したものである。

 次に「求めんとすれば得られず」というのは、これと比べて、思想と事実との相違であり、思念と実行の相違である。眠らんと求むれば眠られず・思わないようと欲すれば忘られず・気を落着けようとすれば、ますます不安になる・とかいうようなものである。私がこれを「思想の矛盾」として説明する事は、既に御承知の通りである。

 強迫観念の本を読んで、「あるがまま」とか、「なりきる」とかいう事を、なるほどと理解し承認すればよいけれども、一度自分が「あるがまま」になろうとしては、それは「求めんとすれば得られず」で、既に「あるがまま」ではない。なんとなれば「あるがまま」になろうとするのは、実はこれによって、自分の苦痛を回避しようとする野心があるのであって、苦痛は当然苦痛であるという事の「あるがまま」とは、全く反対であるからである。

 「眠らなくとも決して身体に障る事はない」といわれて、「なるほどそれで安心した」といえば、直ちに不眠は治るのであるが、「そう思って安眠できるものなら、そう思う事にしよう」といえば、もはや決して眠られないのである。 (白揚社:森田正馬全集第5巻p.709-710

 神経質人間は手っ取り早く症状をなくそう・不安を解消しようとする。これが「はからいごと」である。症状を消すために・不安をなくすために行動したのでは、かえって症状や不安へのとらわれを強めて逆効果になってしまうのである。森田療法を表面的に理解した人は、「あるがまま」になろう、行動して症状を忘れよう・不安をなくそう、となりがちであり、それではなかなか効果が出ず、「森田療法は効かない」ということになる。効かないのではなく、やり方が間違っているのである。

大原健士郎先生は「求不可得」について、解決を求めてあせっても、道は開けないという意味だと解説しておられた。そして「すべては時が解決してくれる」とも述べておられた。症状を振り払おう・不安をなくそうとジタバタすることをやめて仕事を探して行動していけば、いつしか症状や不安はないも同然となっていくのである。

« 神経質礼賛 749.太公望 | トップページ | 神経質礼賛 751.時が解決してくれる »

コメント

 先生、こんばんは。私の住んでいる所は日本海側で、今日は魔物のような吹雪でした。

「求不可得」~なかなか難しいテーマですが、私には初心の頃を顧みるきっかけと与えて頂きました。

 私は再発して約4年です。その前は8年くらいかかりましたが、治りました。2年目で出会った森田療法とそのお医者様のお陰です。そのときは、自分の様々な症状は異常ではないのだと知った安心と、「あるがまま」という道しるべを見つけた喜びで、掃除・洗濯などの生活実践と散歩に一途に、じっくりと取り組みました。そこには、不思議と「苦痛を回避しようとする野心」はなかったと思います(少しはあったでしょうが)。不安とともに、とぼとぼと散歩していました。その内、アルバイトをしたり、新しい趣味をもったり、ひとり旅をしたり、行動の範囲は広がっていき、もう大丈夫だ、と思うところまでいったのです。

 あの頃は若く、純粋で、一所懸命だった!今は年をとった分、ひねくれものの神経質者になってしまっている・・そして、やるべき仕事の種類も自ずと違ってきている・・そして、いよいよ人生の時間を大事にしなければいけない時期にきている事実はとても重い。どうすればいいのか、と考えたとき、やはりあの頃のように、苦痛に泣きながら日々仕事をし続けていくしかないのです。
☆★☆★☆
 今日、NO.678の家光の話を読ませて頂きました。非常におもしろかったです。私も、そのうち「徳川将軍家十五代のカルテ」を読んでみたいと思います。

teardrops様

 そうです。焦ってもどうにもなりません。頭でいくら考えたってダメです。行き詰った時には初心に帰って、とりあえず些細なことでよいから身近なところで仕事を探してやってみる。いやだなあ、めんどうだなあ、と思っていたのが、苦楽共存となり、いつのまにか仕事三昧になってくれば本物です。

 最近ちょっとサボっていますが、歴史上の人物で神経質人間を発掘(?)して、また紹介していきたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 749.太公望 | トップページ | 神経質礼賛 751.時が解決してくれる »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30