フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 740.小学程度・中学程度・大学程度 | トップページ | 神経質礼賛 742.スカイツリー関連グッズ »

2012年1月 2日 (月)

神経質礼賛 741.おせち

 我が家は年末年始も普段とさほど変わり映えがしない。一昨日の大みそかの夕食は魚の干物に納豆に野菜炒め。昨日の元日の朝食はパンだった。普段と違うのは、門松(本物ではなく、普段使っている傘立てに金色の紙を巻きつけてそれらしく飾り付けた妻の作)が出ているのと、それぞれの実家へ行って墓参りするのと、昼食にはおせちを食べることである。

 ここ数年間利用しているのは、時々ランチを食べに行く西洋料理店「夢蔵」の洋風おせち料理だ。ローストビーフ、ミートローフ、鴨のパストラミ、とこぶしワイン蒸し、車海老あたりは一般のおせちの定番だけれど、イカ墨、オマール海老のグラタン、マダコのサルサ、鯛のハーブ焼あたりは洋風らしいところで、極めつけはエスカルゴのココットである。これはレンジで温めた後オーブントースターで3分ほどあぶってから食べる。お手頃価格で贅沢感を味わえる。子供は「食べるものがない」と言うが、ローストビーフに醤油を垂らしてオーブントースターで少し焼いてやると、ペロリと食べてしまって大人の分はなくなる。

 この料理はマスターと奥さんの手作りで、大みそかの昼に引き渡され、大変な忙しさだ。お客さんたちに喜んでもらおうという心意気が伝わってくる。しかも器は前年のものを洗って事前に持っていけば千円引きにしてくれるのだ。器を預かったら置き場所を取るし、大変な手間がかかってしまうはずだが、使い捨てでなく環境に配慮した姿勢はすばらしい。

 マスターは障がい者施設で調理の仕事を経験し、その後はフランス料理店などで修業し、健常者も障がい者も料理を楽しめる店にしたいという考えで15年前に西洋料理店「夢蔵」を出された。文字通り夢の詰まった蔵で健康に配慮したおいしい料理が楽しめ、マスター御夫妻と従業員の笑顔に元気をいただける。地方TV局のグルメ番組にも何度か出ているが、マスターは巨体にもかかわらずちょっとシャイである。私は秘かに神経質のお仲間だと思っている。だからこそ気配りの効いた良い仕事をされているのだろう。夢蔵のおせちで今年も神経質の1年が始まった。

« 神経質礼賛 740.小学程度・中学程度・大学程度 | トップページ | 神経質礼賛 742.スカイツリー関連グッズ »

コメント

食べ物について丁寧に描写されている記事を散見しますが、これは四分先生の体調が宜しいことの証ではないでしょうか。
また気配りの行き届いた仕事をキチンと見つけて評価なさるのは、された側も甲斐があったというもので嬉しいでしょう。
周囲によい影響を与えられる四分先生は、神経質の位で言うと、すでに「大将」ですよ。
森田先生の教えに出逢えても、誰もが改善、成長する訳ではないようで、わたくしなどは停滞どころか、劣化が激しく感じられます。
とくに、瞬間的にカッときて暴言を吐くなどは、脳(血管・神経)がマズイことになってるんではないかと、あきれ、心配します。
こちらを覗いてはいろいろ冷却しております。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

たらふく様

 新年おめでとうございます。コメントいただきありがとうございます。

 私も短気であり、ささいなことでカチンときてしまう困ったところがあります。あわてて「感情の法則」で頭を冷やすわけです。悟りの境地には程遠いです(笑)。

 たらふく様から以前ご指摘いただいた「森田枯れ」の現状を少しでも打開すべく微力ながら努力していきたいと思っています。本年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 740.小学程度・中学程度・大学程度 | トップページ | 神経質礼賛 742.スカイツリー関連グッズ »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30