フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 753.漢方入門セミナー | トップページ | 神経質礼賛 755.今年の花粉対策 »

2012年2月10日 (金)

神経質礼賛 754.偽セキュリティソフト

 今年の冬は雨が少ないこともあって小学生を中心にインフルエンザが大流行している。病院職員が自宅で自分の子供からうつされることもある。ワクチンを打っていても完全に防げるわけではない。どこの病院も抵抗力が弱い高齢入院患者を多数抱えているので院内感染には神経を使っている。

 一方、パソコンの世界でもコンピュータウイルスが猛威をふるっている。かつてはアヤシゲなサイトの画像や動画にウイルスが仕組まれている、ということがあったが、昨今は政府や公共機関のホームページでさえもハッカーに狙われてウイルス感染する時代である。

 月曜日の夜、子供がユーチューブでお笑い系の動画を見ていたところSecurity Shieldと称するセキュリティソフトのような画面が出て操作ができなくなって助けを求めてきた。入金を要求するメッセージもある。私のパソコンでそれに関する情報を検索して集めてみたところ、偽セキュリティソフトの一種であり、一昨年から似たようなものが出回っているらしい。実際ウイルスチェックソフトでは検知できなかった。ウイルスチェックソフトにひっかからないように次々と変化させたものがバラまかれているため、ウイルスの定義ファイル更新が追いつかないのだそうである。まるでインフルエンザウイルスの変異株みたいで実にたちが悪い。何種類か駆除ソフトがあるようだが、それとてどれだけ信用できるだろうか。さらに検索しているうちに今度は私のパソコンが別の偽セキュリティソフトにやられてしまった。対策を装った記事にウイルスを仕込んであったのだろう。二重遭難である。

 ウイルスにやられた時は再セットアップというのが私の方針である。駆除ソフトと称するものにさらに悪質なウイルスが仕組まれていないとも限らないし、完全に駆除できる保証はないからだ。神経質ゆえ普段から必要なファイルはおおむねバックアップしている。しかし、ここ1カ月ばかりのメールは犠牲になった。再セットアップをして種々の設定し直しや普段使うソフトのインストールに半日から一日かかる。それでも急がばまわれ、である。念のためこの記事は別のパソコンからアップしました。

« 神経質礼賛 753.漢方入門セミナー | トップページ | 神経質礼賛 755.今年の花粉対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 753.漢方入門セミナー | トップページ | 神経質礼賛 755.今年の花粉対策 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30