フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 759.サンドペーパー(紙やすり) | トップページ | 神経質礼賛 761.もらって困る引物(引出物) »

2012年2月27日 (月)

神経質礼賛 760.近ごすい

 森田正馬全集の第5巻は形外会の記録であり、読んでいると森田先生の指導ぶりが生き生きと伝わってくる。参加者たちの様々なエピソードも興味深い。何度読み直しても新しい発見がある。森田療法の自助グループ・生活の発見会には各地にこの全集5巻を読む勉強会がある。

全集5巻はとても読みやすいものだが、聞きなれない言葉が一つある。「近ごすい」という形容詞である。この言葉は何か所か出てくるが、その一つを以下に示す。

 これまで、不潔恐怖の患者はよく私の妻が治したものですが、たいていは一度や二度は、妻に泣かされたものです。少し残酷なようですけれども泣かされないものは、どうも治り方が遅くて不完全のようです。つまり、よく完全に治るような人は、泣くばかり苦痛を忍んでも、必ず治したいという努力のある人です。(中略)

 この治ると治らないとは、ほんの紙一重でちょっとした気合の変化で心機一転するものです。つまり、最も大切な事は、真面目で真剣である事で、ズボラで近ごすくない事であります。(白揚社:森田正馬全集第5巻p.612

 前後関係からして、「近ごすい」とは「安直な」という意味だろうと思って読んでいた。森田正馬先生の養子・森田秀俊先生の奥さんである高知県御出身の森田貞子さん(三島森田病院理事長)にこの言葉について伺ってみると、「聞いたことはありますねえ。私は使ったことはありません。狡い(こすい:悪がしこい・ずるい の意)は悪い意味で使いますけれど」とのことであった。

 『生活の発見』誌2012年2月号p.35に高知県の会員の方が「高知じゃあ、標準語じゃきいに」とユーモアを交えて「考えが足りない」「短絡的」「すぐ結果を求める」ことだと書かれているので、私のカンもはずれてはいなかったようだ。

 先ほどの引用部分にあるように、症状を「近ごすく」つまり安直に治す方法はないのである。「不安障害にはSSRI」という時代になったけれども、薬物療法だけで症状がなくなってすべて解決、というわけにはいかない。薬には副作用もあるし、本来必要な不安を過度に抑えてしまっては「SSRI誘発性恐怖過少症(684)」というような問題も起こりうる。そして薬は神経質性格の良さを減じてしまう。私は薬物療法を否定するわけではなく、使う場合には必要最小量を慎重に処方するよう心掛けている。遠回りのようでも、苦しいながらに行動していき、症状を何とか消そうとするはからいごとをしないのが、本当は治療の近道なのである。

« 神経質礼賛 759.サンドペーパー(紙やすり) | トップページ | 神経質礼賛 761.もらって困る引物(引出物) »

コメント

生活の発見会には関心がありまして近在で探しましたが、ちょっと会費がお高くて、ならば独りで5巻を読んでいましょう、と思ったものですhappy01

先生こんにちは。

「近ごすい」という高知の方言?は
知りませんでした。
「近」という形容詞が追加されることによって
より短絡的な要素が加わったずるさや、
こざかしさが表現されますね。

この「こすい」という言葉は、
九州から関東にかけて
使われているそうですが、
静岡ではあまり使いませんね。

今調べて知ったのですが
「すこい」「せこい」は同義語なのだそうですね。
「すこい」は静岡の方言でしょうか?

いずれにせよ、「近ごすい」という言葉、
本当に症状を根源的に治癒させたかったら
「急がば回れ」を実践せよ、という意味において、
大変、的確な言葉であると感銘いたしました。

たらふく様

 コメントいただきありがとうございます。

 全集第5巻、値は張りますが(そして場所を取りますが)、十分にモトは取れると思います。

keizo様

 コメントいただきありがとうございます。

 「近ごすい」はいくら調べても文献が見つかりませんでした。おっしゃるように「近」が接頭語のように「こすい」に付くことで、浅はかさが強調されるような気がします。

 「すこい」は今初めて見た言葉です。
手元の辞書によれば、
(関東・中部・近畿地方などで)悪がしこい。狡猾である。こすい。ずるい。
とありますので静岡方言ではないようです。

 「せこい」は私も使いますが、辞書によれば、
(芸人の言葉。主に明治期に用いた)悪い。へたである。  けちくさい。みみっちい。
となっています。

 それに対して、「こすい」は少なくとも江戸文学には登場します。

 こうしていろいろと調べていると仕事の疲れも忘れますね。どうもありがとうございました。

何度も恐縮です。

>「すこい」は今初めて見た言葉です。

先生も初めてなんですね!
私は清水生まれで、小学校入学と同時に、
藤枝に引っ越したのですが、
ずるいことをした時など、遊び仲間が
「すこい、すこい」というので、
そうか、田舎ではずるいことを
「すこい」というのか、と
子供ながらカルチャーショックを
受けたことを覚えています。

やはり、静岡、清水あたりでは「すこい」
とは言わないようですね。

keizo様

 コメントいただきありがとうございます。

 妻にも尋ねてみましたが、「すこい」は聞いたことがないとのことでした。辞書によれば、関東・中部・関西で使われるということですので、実際に使われている地域を調べてみると面白いかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 759.サンドペーパー(紙やすり) | トップページ | 神経質礼賛 761.もらって困る引物(引出物) »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30