フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 779.高価な治療器 | トップページ | 神経質礼賛 781.大型バス事故 »

2012年4月30日 (月)

神経質礼賛 780.人生観が変わった

 前々話で、森田療法は神経症(不安障害)症状を改善するだけでなく、心身ともに健康にし、仕事や勉強や家事の能率があがる、ということを書いたが、その根本について森田正馬先生はさらに次のように述べている。

「またここの全治患者の、よくいう事であるが、それは例えば、自分の不眠や赤面恐怖の治った事は嬉しいが、それよりもさらに有難い事は、日常生活に能率があがるようになり、人生観の変わった事であるとかいう事である。

 しかしこれは物の本末を誤り、部分と全体とを思い違えたものである。それは、人生観が変わったから病気が治ったのである。(白揚社:森田正馬全集 第5巻 p.139)」

 神経質人間は悪いところ探しの名人でもある。誰にでも起こりうる不安をことさら過大評価して、自分ばかりが特別苦しいと言い立て、そういう差別観で見れば「症状」ということになる。そして、それをなくそう、避けようと「はからいごと」をしていてはますますとらわれの悪循環となって「症状」の深みにはまっていくのである。例えば、寝つきが悪いながら実際には十分に眠っていて「一睡もできない」と訴える不眠症。人前で緊張し「あがる」のは誰しもあるのに、自分だけが苦しいのは気が小さいからだとクヨクヨ悩む対人恐怖。不安になれば胸がドキドキし息苦しさを感じることは誰でもあり、心臓病でもなければそのために死ぬ心配はないのに、このまま死んでしまうのではないかと大騒ぎする不安神経症(パニック障害)。完全にミスをなくしたり完全に清潔にすることは不可能なのに必要以上に何度も確認したり儀式的に手を洗ってしまう強迫神経症(強迫性障害)。タイプは異なっても共通のメカニズムで「症状」が起きているのである。

森田療法では、個々の「症状」をどうこうしよう、ということはしない。不安な気持ちはそのままにして、仕方なしに目の前のやるべきことをやっていく。することがなければ仕事を探すのも仕事のうち、と指導する。苦しいまま行動していくうちに、苦しくても行動はできるのだ、という事実を体感する。そして誰もが苦しみながら行動しているのだ、とわかってくる。これが平等観である。森田の立場からすれば神経質は病気ではない(「神経質は病氣でなくて、こんな仕合せな事はありません」森田正馬全集 第4巻 p.386)。だから、差別観が平等観に変わる、つまり人生観が変われば、とらわれの悪循環から解放されて自然と「症状」も消失しているし、神経質性格を生かして上手に気を配って行動するようになって、仕事や勉強がはかどるようになっているのである。

« 神経質礼賛 779.高価な治療器 | トップページ | 神経質礼賛 781.大型バス事故 »

コメント

先生、こんばんは。

今回も森田療法をわかりやすく解説していただいて、大変ためになりました。

最近、忙しい毎日で完璧を求めてバクバクさんが訪ねてきそうになっていました。

いろいろと先の先まで考えすぎて、物事に取り組む前に疲れてしまう私ですが、やらなきゃいけないことから考えて一つ一つこなさなきゃと思っていたところで、前よりバクバクさんはすぐ帰っちゃうと思っていたところです。

バクバクさんにはお茶も出したくないので(笑)

先生のブログは本当に神経質の救いです。

アッシュ様

 コメントいただきありがとうございます。

 いろいろ先のことを考えて準備するのは神経質の強味ですけれども、あまりやりすぎると疲れてしまいますね。やはり、ほどほどが一番です。

 バクバクさんにはお茶も出したくないですね。慇懃に「ぶぶ漬けでもいかがどす」とお引き取りいただきましょうか(笑)。

 連休後半はお天気が今一歩のようですが、御家族で楽しくお過ごしください。

 先生、こんばんは。このゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。もしかしたら、普段と変わらずお忙しいのかもしれませんね。

 前の方と同じように、私にとっても本ブログは拠り所ですあり、潤いです。前話で取り上げられていた不眠ですが、私も2、3月前まで不眠がありましたが今は大丈夫です。たまに眠れないことがあっても苦にならないし、薬も不要です。それは、先生がくりかえし説かれているように、気分が良くなくても仕方なく外出したり、恐怖はあっても仕方なく仕事をするようになり、生活が流れ始めているという実感を得て、精神状態が良くなったからだと思っています。それと、日中の活動量が増えて適度な身体的疲労もあるかもしれません。
 
 今後しっかり「あるがまま」が身に付くように努めたいと思います。そして、いつか心から「神経質でよかった」と言ってみたいです!ご紹介下さった660話・661話を読ませて頂きました。山野井さんの本も読んでみたいと思ったら、もう絶版とのこと。近い将来図書館で探してみようと思います。

anxiety様

 コメントいただきありがとうございます。「生活が流れ始めている」と実感されているということは、生活リズムができて、好循環しているのだと思います。
 山野井さんの「神経質でよかった」は残念ながら絶版です。もし関西地区にお住まいでしたら、大阪駅周辺に用事のついでにメンタルヘルス岡本記念財団の図書室に寄られたらよいでしょう。また、公立図書館はネットで蔵書検索ができるところが多くなっていますから、お近くの図書館にあるかどうかいながらにして調べられます。お試し下さい。

先生、はじめまして。
最近見るもの、聞くもの、触るものが体に染みて体が寒くなる感じで声を出したくなり不安や後悔を連想して動けなくなることが多くて受診をして薬も飲んだのですが、あまり変化が無く追い詰められて森田療法をやり始めました。最初は半信半疑だったのですが試行錯誤をして何となくつかみつつあります。

あたまでっかちび様

 コメントいただきありがとうございます。
 症状はつらくても不安を相手にしないことで不安をベースとした諸症状が改善してくることは神経症ばかりでなく他の精神疾患でもあります。森田療法は、実際に行動を通じて体験的に理解をされますと、さらに効果が出てくることと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 779.高価な治療器 | トップページ | 神経質礼賛 781.大型バス事故 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30