フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 773.長距離ドライブ | トップページ | 神経質礼賛 775.タブレット型PCによるプレゼンテーション »

2012年4月 9日 (月)

神経質礼賛 774.武道必修化

 4月から学習指導要領が変更になり、中学で武道が必修化されたそうだ。男女とも柔道・剣道・相撲のいずれかを履修しなければならないという。最も履修者が多くなりそうな柔道の練習中に死亡したり重大な障害を残したりするような事故が増加することが懸念されている。私が高校に入った頃、高校での武道が必修化され、大部分の生徒は柔道着だけ買えばいいということで安上がりな柔道を選んだ。一通り受け身の練習が終わると投げの練習をしたわけだが、二人で組んで練習していた際、相手の肘が私の鼻に強く当たり、鼻骨骨折してしまった。それからというもの、長いこと鼻出血に悩まされた。こんなのは取るに足りないものであるけれども、頸椎損傷のケガでもしたら一生取り返しのつかないことになる。神経質人間としてはとても心配になる。教育委員会は投げを封印して受け身と固め技だけを教えるといっているが、ちょっと柔道を知っている生徒が調子付いて投げ技をやってしまって事故が起こることもありうる。教師がデモンストレーションで投げ技を見せた際にも事故が起こるかもしれない。また、誰も指摘していないことではあるけれども、武道系で起こりやすい白癬・疥癬・シラミ症といった皮膚感染症の蔓延も神経質人間としては懸念するところである。

 何のために中学教育で武道を必修化するのだろうか。数年前、知力も精神力も弱い首相が言い出した「美しい国」というキャッチフレーズを実現するためなのだろうか。それとも軍事教練への布石なのだろうか。弱い人間ほど強がりたがる。(ちなみに、弱いまま、あるがままで、生き尽くしていくのが森田道である。)伝統文化を学んで日本人としての礼節を身に付け、精神力を鍛錬するには何も武道である必要性はない。茶道でも華道でも雅楽でも良いし、百人一首の競技かるたでもよいはずだ。武道必修化には疑問を感じざるを得ない。

« 神経質礼賛 773.長距離ドライブ | トップページ | 神経質礼賛 775.タブレット型PCによるプレゼンテーション »

コメント

頭おかしいですよね。

僕も中学高校と柔道を選択しましたが、
冬場に、ウォーミングアップは一応やるのですが、
ほとんど暖まっていない状態で技の練習に入りました。
本当に、何でこんな有害なものをやるのか分かりませんでした。
日本の教育は色々とおかしいですね。綺麗事ばっかりぬかして。
そして義務教育の教育を間に受けた人間が社会で通用しないって話ですよ。大卒ニートしかり。

黒犬様

 コメントいただきありがとうございます。

 もちろん柔道そのものはすばらしいものですが、強制的にやらせるものではなく、本人の意思でやるべきものだと思います。以前の「ゆとり教育」もそうですが、制度をいじればいじるほど変な方向に向かってしまうのは困ったことです。文部科学省のお偉方たちを再教育する必要がありそうです。

 先生、お邪魔いたします。

 私は長く神経症にある者です。一度森田療法で良くなり、でも再発してしまい、現在再度「森田」を拠り所にして苦闘しています。再発したのは、私が弱く、あるいは治ったつもりで治ったと勘違いしていただけかもしれませんが、他人に「やり方が悪い」「きちんと習得していたら、再発などしないはずだ」と何度も言われると、悲しくて仕方なくなります。


 愚痴で始めてすみません。このブログは楽しいですね。ご著書も今読ませ頂いております。たくさん礼賛して頂いて、やっぱり頑張ろうと思います。

anxiety様

 コメントいただきありがとうございます。

 再発したからといってガッカリする必要はありません。「全治した」とか「悟った」と思っている人だって、何かのきっかけに不安にとらわれるようになってしまうことはあるのです。「症状」があるとかないとか、治ったとか治らないとかに一喜一憂しないで、基本に立ち返って、苦しいままに、気が乗らないままに、目の前の仕事に手を出してみる。それを続けていかれれば、いつの間にか症状は「忘れて」います。神経質を活かして御活躍されることを祈ります。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 773.長距離ドライブ | トップページ | 神経質礼賛 775.タブレット型PCによるプレゼンテーション »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30