フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 785.金環食と日食グラス | トップページ | 神経質礼賛 787.今朝の天気は? »

2012年5月18日 (金)

神経質礼賛 786.風薫る

 5月の連休明けから、やっとマスクをはずした。インフルエンザ対策、そして花粉対策のため、外出時はいつもマスクを付けていた。それがなくなったら身も心も軽くなったような気がする。通勤列車の車窓から見える茶畑は鮮やかなライトグリーンに輝いている。街を歩けば製茶所から爽やかな新茶の匂いが漂ってくる。街路樹の緑も美しい。こんな中、天気の良い日は、つい、五月(さつき)晴れと言いたくなるが、5月には五月晴れと言ってはいけないのだそうである。本来、6月(旧暦の五月)の梅雨の合間の晴天のことを五月晴れと呼ぶのである。この誤用はTVアナウンサーにもみられる。神経質としては気を付けたい。

 5月の時候の挨拶に使われる言葉に「薫風の候」というものがある。そよ風が運んでくれるすがすがしい新緑の香りを連想させる実にいい言葉である。この言葉を私に教えてくれたのは中学の時の担任の先生である。理科の先生だったが、文学歴史にも造詣が深く、生徒たちからは本名の植松先生ではなく「植麻呂」と呼ばれていた。植麻呂先生はのちに中学校長を歴任された後、教育長になられた。「風薫る5月が一番好きです」と言われたのがつい昨日のようにも思える。

 最近のニュースで気になったことがある。ツバメの数が減っている、というものだ。そういえば街中ではほとんど見かけなくなった。大規模な調査が行われている石川県ではツバメの数は40年前の3分の1に減少したとのことである。森林や農地が減ってエサが減ったこと、住宅の壁が巣作りしにくい素材になってきたこと、天敵のカラスが増加していることが原因なのだそうだ。ツバメが住みにくい環境になったというわけだ。古くから日本人の生活と密接に関わってきたツバメがいなくなってしまうのは何とも寂しい。勤務先の病院は鉄骨建築にもかかわらずツバメが巣を作っていて、毎年この季節はツバメの親子たちで賑わう。直接外壁に巣を作るのは難しいとみえて、換気扇の吹出し口を覆うフードの上や照明器具の横を利用して巧みに巣作りしてある。ツバメも生きていくために創意工夫しているのだ。病院は山の中腹にあるので自然が残っているし、カラスも少なくて安全である。ヒナたちにせっせとエサを運ぶ親ツバメ、そして口を大きく開けてエサをねだるヒナを見ていると、こちらも元気をもらえる気がする。森田正馬先生の「純な心」「生の欲望」という言葉を思い浮かべる。

« 神経質礼賛 785.金環食と日食グラス | トップページ | 神経質礼賛 787.今朝の天気は? »

コメント

 先生、お邪魔します。

 今日の記事、とても新鮮でした!口をあけてエサをねだるツバメのヒナの姿に「生の欲望」を見る、私は納得しました。大納得です。これは解説ではないですね。理屈ではなく、感性というか、直観というか、端的なすばらしい提示だと思います。無垢なる「生の欲望」・・私は今まで「欲望」という言葉に大袈裟なものを感じて、教えには納得しても、この言葉自体には引いておりました。が、今日は何の抵抗も感じないです。

 「風薫る」、私も好きな言葉です。日本語は美しく、豊かですね。かの芭蕉も好んだ言葉(季語)だったらしいです~「松杉をほめてや風のかをる音」、「風の香も南に近し最上川」(風の香:風薫るの別名)があります。
 
 お仕事かも知れませんが、どうぞ良い週末を。

anxiety様

 芭蕉の名句を教えていただきありがとうございます。よく教科書に載っている「五月雨を あつめて早し 最上川」の句は、やはり6月(旧暦の五月)なのでしょうねえ。

 優れた俳句や川柳を作る人には神経質が多いのではないかと秘かに思っています。無神経で感受性が乏しい人ではいくら頑張っても良い句はできません。そのうち俳人の神経質について調べてみようと思います。
 

四分休符さん、こんにちは。
五月晴れは私も使い方を間違っていました。
良いことを教えていただき、ありがとうございます。
ツバメの数が減っているというお話し・・・
確かに天敵のカラスの増加等の外的要因もあるのかもしれませんね。
ツバメは幸せを運んでくると一説には言われていますが、カラスの増加等の外的要因のほかに、今の日本に蔓延する不安定感や倦怠感のようなものをツバメが感じ取り、飛来が少なくなってきているような気がして仕方ありません。
まあ、それは私の感じ方なのですが、そんな悲観的な感じにさせるほど、今の日本はどこか間違っているのではないかと思ってしまいます。
ツバメを見ているだけで元気をもらえるというのは私も同じです。
もっとツバメに来てもらえるような環境を作ってあげたい、そして和やかな国にしていきたいと願っています。

 先生、いつもご返信をありがとうございます。

 確かに、優れた俳人は概して鋭敏で執着性が強いような気がします。私も少し俳句をやりますので、神経質傑物伝シリーズに俳人が登場するのを楽しみに気長に待っています!

スローライフ様

 コメントいただきありがとうございます。

 スローライフ様の周辺でもツバメが減って
いるのでしょうか。古来から「益鳥」の代表
ですし、家の軒下に巣を作ったりして、日本
人にとっては馴染み深い鳥だけに、減少して
いるのは残念です。
 おっしゃるように日本に蔓延する不安定感
や倦怠感は確かに私も痛感するところです。
 ツバメさんが安心して巣作りできる環境は
私たちが安心して生活していける場でもあり
ますね。

先生、こんにちは。

自宅のマンション自転車置き場に毎年ツバメの巣ができます。
下に置いている自転車は汚れてしまうため、この時期は下に駐輪できません。

でも、巣の下にとめなければいいし、何より毎朝癒されます。

マンション住人も、苦情を言う方がいないので、皆さんも、ほっこり季節を感じているのだと思います。

アッシュ様

 コメントいただきありがとうございます。

 ツバメが巣を作るということは、御自宅は緑に恵まれたよい環境にあるのですね。確かにフン害はありますけれど、年中ではなく一時期だけの訪問客ですから、風物詩といったところでしょうか。

先生、こんばんは。

 <五月雨をあつめて早し最上川>は、元禄二年に芭蕉が梅雨どきに最上川下りをしたときの句です。「曽良旅日記」によれば、5月28日に山形・大石田の高野宅に着いて、翌日29日の座で発表しており、新暦で言えば7月14日、15日と言うことです(曾良:奥の細道の旅における芭蕉の随伴者)。旧暦と新暦の関係はネットで見てみましたが、複雑でお手上げです。それと、ご存じかもしれませんが、この句の初案は「五月雨を集めて涼し」でした。「早し」の方が梅雨らしくて、断然良いですね。

 私はまだ「五月雨」の句を詠んだことがありません。今年は是非とも詠まねば!

anxiety様

 いろいろ調べていただきありがとうございます。旧暦を現在の暦日になおす場合、「潤月」という厄介なものもあって、単純にはいかず難しいですね。新暦の7月14日・15日でしたら梅雨末期の激しい雨が降りやすい時期なのでしょう。
 anxiety様も是非、五月雨の名句をひねってみて下さい。
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 785.金環食と日食グラス | トップページ | 神経質礼賛 787.今朝の天気は? »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30