フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 789.森田療法と看護理念 | トップページ | 神経質礼賛 791.雷 »

2012年5月28日 (月)

神経質礼賛 790.認知行動療法と森田療法

 『精神医学』誌の4月号に、「オピニオン・マインドフルネス/アクセプタンス認知行動療法と森田療法」という長いタイトルの特集があり、認知行動療法の専門家たち、森田療法の専門家たちの意見が載っていて大変面白かった。認知行動療法の新しい動きに「第三の波(the third wave)」と呼ばれるものがある。これらの精神療法におけるマインドフルネス(mindfulness)とアクセプタンス(acceptance)の治療原理は、価値判断を下さずに現在をありのままに受け入れる、というもので、「あるがまま」という森田療法との類似性が指摘され、話題になっている。認知行動療法が森田療法に近づいてきたという見方もある。今後、認知行動療法がどのような流れになっていくか注目したい。

 認知行動療法と森田療法には類似点が多いが、根本的な相違点がある。最新の「現代精神医学事典」(弘文堂)の認知療法(認知行動療法)の項目には、「人間の気分や行動が認知のあり方の影響を受けるという理解にもとづき、認知(ものの考え方や受け取り方)のあり方に働きかけることによって精神疾患を治療することを目的とした構造化された短期の精神療法である(大野裕)」とある。認知の歪みを是正したり行動パターンを変えたりすることで症状改善を図っていくわけである。ところが、森田療法では「症状は不問」として、症状を直接のターゲットとしない。なぜなら、症状を何とか消そうと「はからいごと」をすればするほど、「とらわれ」を深めて症状を悪化させる悪循環に陥ってしまうからだ。そこで症状の良し悪しに一喜一憂するのではなく、気分はともかくやるべき行動をしていくように指導する。そして事実本位の生活になってくれば、症状は忘れている、という具合で、結果的には症状は消退しているのである。自分の行動を減点法で評価しないで加点法で評価するとかマイナス思考でなくプラス思考で考える、ということはよいけれども、時に、「プラス思考に考えなければいけないのに自分はそれができない」と悩む人がいる。また、認知の歪の是正に力を注ぎ過ぎて、実際の行動が伴わなかったり症状へのとらわれを深めてしまったりする人もいる。そういう人には、森田の原点に帰って、理屈はさておき行動することをお勧めしたい。

« 神経質礼賛 789.森田療法と看護理念 | トップページ | 神経質礼賛 791.雷 »

コメント

心の世界にも真実はあるはずですよね、
だから森田療法も認知療法も禅もどこかで繋がってるんですよね。
これからどれだけ釈迦が見た以上の真実が解明されていくのか気になります。

ところで、神経症っていうのは、よく考えれば対人恐怖に限らず「他人」が関係してるものなのでしょうか。
強迫性障害などは関係ないとも言えますが、
やはり根底には人間としての病因があるんでしょうかね。

 先生、こんばんは。

 私もプラス思考で行こうとか加点法で考えようと自分を操作するのは苦手で、ますます焦るときがあるので、先生のアドバイスを読んで安心しました。森田式に努力します。

 「事実本位」とはどういう考え方を言うのでしょうか。森田療法の本にあったてはみたのですが分かりませんでした。お教え願えないでしょうか。

黒猫様

 コメントいただきありがとうございます。

 最近の「第三の波」では瞑想を取り入れているものもありますし、受容という東洋的な対応法を取るあたりは、禅の影響を受けていると考えられます。

 対人恐怖では他の人が自分をどう思うか過度に忖度(そんたく)するわけでして、関係妄想性を帯びていると考える精神病理学者もいます。パニック障害でも、単に自分の生命の危機を感じるというだけでなく、「こんなところで倒れたらみっともない」と他人が自分をどう見るかを非常に気にする人がいます。その点、おっしゃるように強迫性障害では他人との関係性は希薄です。ただし、身近な人を巻き込んで確認の手伝いをさせたりする面はあるわけですが。

anxiety様

 コメントいただきありがとうございます。

現代の森田療法では「行動本位」(642話)とか「目的本位」(641話)ということを言いますが、森田正馬先生自身の言葉にはそれらはなく、「気分本位」(640話)と対極的な生活態度を「事実本位」と表現されています。「事実本位」ではちょっとわかりにくいので、森田先生以降の治療者たちが言い換えたのだろうと思います。森田先生は次のように語っておられました。

 気分本位とか、これは私の用いた言葉ですが、この本位という語について、思い違いの人が多いから、ちょっと説明しておきます。本位とは、物を測るのに、それを標準とする事で、人生でいえば、人生を観照して批判するところの、すなわち人生観の第一の条件とする観点を何におくかという事について、自分の気分を第一におこうとするものを気分本位というものである。毎日の価値を気分で判断する。今日は終日悲観しながらも、一人前働いたという時に、悲観したからだめだというのを気分本位といい、一人前働いたから、それでよいというのを事実本位というのであります。(白揚社:森田正馬全集 第5巻 p.169-171)

 先生、こんばんは。「事実本位」についてご教示頂き、どうもありがとうございました。よくわかりました。

 先生がお勤めの病院のHPを見させて頂きましたが、富士山が素晴しい!そして今からは「五月富士」の時期ですね。うらやましいです。

<苗代の規矩の正しき五月富士> 遠藤梧逸

<夏富士のひえびえとして夜を流す> 飯田龍太 (夏富士:五月富士の別名)

 私はまだ新幹線からしか富士山を見たことがないので、一度存分に拝んでみたいものです。

「認知行動療法と森田療法には類似点が多いが、根本的な相違点がある」

精神分析派の人の本を拾い読みしていましたら「森田」という文字が見え、こんなことが書いてありました。

「・・・の背景には、1960年頃を境にわが国の対人恐怖症全般の臨床が森田の時代のような対応では困難を感じるようになったことがあるだろう。」

そして注に文献として挙げられているのが、森田全集の第1巻、229~506ページでした。

書いた人は206から506ページを本当に読んで、理解できたのか疑問です。

対抗的な学説等をチョイチョイとつまんできて叩き、自説を底上げするみたいな人が今も昔も絶えないのでしょう。

仏教に「末法」ということばがあります。正しい教えも時の経過で、俗人の浅慮や邪教の悪意により、やがて汚染され廃れてしまうという嘆きの意味ですが、森田療法も、四分先生がしっかり守らないといけませんですネannoypunch


anxiety様

 富士にまつわる名句を教えていただきありがとうございます。

 勤務先の病院は確かに富士山が近くに見えるのですが、宝永山の火口が真正面に見えてしまうのが難です。個人的には通勤電車の車窓から見る、上り電車の富士川鉄橋あたり、あるいはアステラス製薬(元フジサワ製薬)富士工場あたりから見える富士山が優美でいいなと思っています。


 

たらふく様

 コメントいただきありがとうございます。

 確かに参考文献が森田全集第1巻P229-506というのは、ちょいといい加減な感じがしますね。真摯に精神分析で神経症を治そうとしている先生方には敬意を表しますけれども。森田療法を行う立場の方々も、精神分析の良いところを取り入れたり、認知行動療法の良いところを取り入れたりして、少しでも目の前の悩んでいる人をを良くしようとする気持ちはわかるのですが、昨今はどうも頭でっかちと言いますか、観念的になり過ぎている嫌いもあります。せっかくの森田療法の単純明快さが失われているのではないかと懸念しています。時が流れて社会情勢や生活様式は変わっても、森田療法の根本的なところは決して色褪せていないと私は思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 789.森田療法と看護理念 | トップページ | 神経質礼賛 791.雷 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30