フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 781.大型バス事故 | トップページ | 神経質礼賛 783.運と不運 »

2012年5月 4日 (金)

神経質礼賛 782.海ぶどう

 時々立ち寄る沖縄ショップ「わした」で買物をしていたら、レジの近くに海ぶどうという海藻が置いてあった。全体が薄い黄緑で、小さな房状の形をしている。100g入りの小さなパックが650円。海ぶどうは今まで食べたことがなかった。昔、那覇の牧志市場でよく見かけたし那覇空港の土産物屋にもあって興味は持っていた。先日、沖縄の食をテーマにしたBSの番組で海ぶどう丼が登場したのを思い出して買ってみることにした。パッケージには「冷蔵庫に入れないで下さい」と書いてある。店員さんも同じことを言っていた。神経質人間ゆえなぜだろうと疑問を持つ。さらに、普通の海藻類は水に浸して塩抜きして食べるのに、「ザルに入れて軽く水洗いして」という説明書きもなぜだろう、と思う。

 説明の通りザルに入れて軽く水洗いしてから水を切って、ガラスの器に入れるときれいで食べてしまうのがもったいない感じである。一房取って、そのまま食べてみる。口に入れた時にはあまり味はしないが、噛むとプチプチした食感がとても楽しい。そして、じわーと磯の味が口の中に広がる。添付のタレをかけてみる。これもさっぱりした味でなかなかいける。リピーターになってしまいそうだ。

 プチプチの粒の中には海水が蓄えられているのだろう。海ぶどうの味は、美しい沖縄の海の味に他ならない。多分、水に漬けてしまったら浸透圧の関係で塩分が出てしまうとともにプチプチの食感がなくなってしまうのだろう。冷蔵保存も水滴が付いてそういう問題が発生するからではないかと考えた。理屈はともかく、今度は泡盛を片手にあのプチプチを楽しみたいものだ。

« 神経質礼賛 781.大型バス事故 | トップページ | 神経質礼賛 783.運と不運 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 781.大型バス事故 | トップページ | 神経質礼賛 783.運と不運 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30