フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 829.確認行為 | トップページ | 神経質礼賛 831.野菜の名前(長谷川式スケール) »

2012年9月28日 (金)

神経質礼賛 830.ミツバチ

 9月20日付読売新聞に興味深い記事があった。ミツバチ飼育が「癒される」ということで不思議と人気なのだそうだ。飼っている人の話では「使命を全うしようとする姿が健気」「コツコツ蜜を運ぶ小さな姿に力が湧く」「一生懸命なミツバチに元気づけられる」ということで、うつや不眠がよくなったという。アニマルセラピーならぬインセクト(昆虫)セラピーではないか、と報じている。


 
 もっとも、インセクトセラピーとは言っても、昆虫ならば何でも良いというわけにはいかないだろう。多分、他の昆虫ではミツバチのようにはうまくいかないような気がする。飼う昆虫と言えば、カブトムシとかスズムシあたりが思い浮かぶ。子供が小学生の頃、せがまれてカブトムシの飼育セットを買ってきたことがあったが、結局世話は親の仕事だった。夜になると激しく動き回る習性があって、深夜の大きな物音に、癒しどころではなく不眠になってしまった。スズムシは私が子供の頃、父がもらってきて飼っていた。確かに美しい声を披露してくれて秋を感じさせたけれども、秋が深まるにつれて共食い(メスがオスを食べる?)が起きるのはかわいそうな気がした。うつの人がこれを見たらよろしくない。産卵してもふ化はダメで毎年もらってくるということを数年繰り返した記憶がある。


 
 ミツバチを飼っていると蜂蜜のお裾分けをもらえることになるので、これも飼っている人を元気にしてくれそうだ。あの神経質名探偵のシャーロック・ホームズも晩年は引退して養蜂業を営み、麻薬からも足を洗って健康的な生活になったことになっている(485話)。ビルや住宅が立て込んでいる我が家のあたりではミツバチ飼育はとてもムリではあるが、小さなミツバチたちがせっせと蜜を運んで働いている姿を想像しながら蜂蜜をなめて元気をいただくとしよう。

« 神経質礼賛 829.確認行為 | トップページ | 神経質礼賛 831.野菜の名前(長谷川式スケール) »

コメント

 先生、こんばんは。

 ミツバチによるインセクトセラピーですか!私なんかはコワイが先に来ちゃってだめそうな気がします。でも、蜂蜜はとても好きです。

 神経症になると食欲がなくなることがありますよね。私もそうで、体重が3か月ほどで8kg減りました。一人暮らしをしていたので自分でなんとかしなきゃと思っていたのですが、しばらくは苦労しました。ある日、雑誌でとてもきれいな女優さんが「食事は基本中の基本です。私は体調が崩れて食欲がなかったとき、バタートーストにたっぷり蜂蜜をぬって、白ゴマをふって食べていました・・・」との体験記を読んで、皆努力しているんだ、これなら出来そうと思い、それ以来朝食に蜂蜜トーストかカロリーメイトを交互に食べるようになって、徐々に身体が落ち着いていったような覚えがあります。

 今はそのトーストの他に、ホットケーキやワッフル、クレープに蜂蜜をとろり~とかけて食べるのが好きです♪ 

anxiety様

 コメントいただきありがとうございます。

 医食同源という言葉がありますけれど、うつ状態から脱却するのには食事をはじめとする生活習慣の改善がとても大切なのだと思います。ハチミツには単に栄養だけでなく、一生懸命に蜜を集めてくれたミツバチさんたちのパワーが詰まっているのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 829.確認行為 | トップページ | 神経質礼賛 831.野菜の名前(長谷川式スケール) »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30