フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 840.東京スカイツリー | トップページ | 神経質礼賛 842.そうだ嬉しいんだ 生きる喜び たとえ胸の傷がいたんでも »

2012年11月 1日 (木)

神経質礼賛 841.大型ハリケーンの被害

 今週前半、アメリカの中心ニューヨークを大型ハリケーン「サンディ」が襲った。ニューヨーク中心街では路上の自動車が水没するほどの暴風雨で、送電用の変圧器の爆発により停電が発生。原発では原子炉停止などの緊急措置に追われた。交通機関がストップし停電したのでは身動きが取れない。悪天候のためにニューヨーク証券取引所が2日連続で閉鎖されたのは、1888年の猛吹雪以来のできごとなのだそうだ。水没した地下鉄の復旧にはかなりの日数がかかるとみられる。住宅やビルの損壊などの物的損害は200億ドル、経済損失は全体で500億ドルにのぼる見込みとのことである。ニュース番組では、水や食料を切らして困っている人たちが映っていた。ハリケーンの襲来は予測されていたから、早めに買いだめして準備した人もいれば、楽観視して何も対策を取らなかった人もいたのだろう。日本だと、地震災害に備えている家庭が多い。とはいえ、もし日本の首都圏を同様の超大型台風が襲ったとしたら、やはりライフラインの復旧には何日もかかって、大パニックになるだろう。個人でできることは限られているけれども、やはり水や食料や生活必需品を備蓄し、停電時の対策、浸水時の対策などを考えておくことが大切である。その点、心配性の神経質人間は最悪のシナリオを考えるのは得意なので、あらかじめ準備しておけば安心である。森田正馬先生の色紙にあるように「不安心は用心の安心」なのである。

« 神経質礼賛 840.東京スカイツリー | トップページ | 神経質礼賛 842.そうだ嬉しいんだ 生きる喜び たとえ胸の傷がいたんでも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 840.東京スカイツリー | トップページ | 神経質礼賛 842.そうだ嬉しいんだ 生きる喜び たとえ胸の傷がいたんでも »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30