フォト
無料ブログはココログ

« 神経質礼賛 859.まさかのICU(集中治療室)入院 | トップページ | 神経質礼賛 861.カロリーオフとカロリーゼロ »

2012年12月31日 (月)

神経質礼賛 860.鳥囚はれて飛ぶことを忘れず

 三島森田病院には森田正馬先生が書かれた次のような色紙が残っている。


 
鳥囚はれて飛ふことを忘れす

馬繋かれて馳する事を思ふ

昭和二年十一月   森田形外


 
 入院森田療法は1週間の絶対臥褥から始まる。もちろん自分の自由意思で行うことであり、囚われているわけでも繋がれているわけでもないけれども、1週間はひたすら寝るだけの生活を送る。何もしないで寝ているだけでいい、というのは楽そうに見えて、実は健康人にとってはものすごくキツイことなのである。これがエネルギーの枯渇した本物のうつ病の人であれば1週間でも2週間でも寝ていられる。しかし神経症の人は健康人と同様、あるいはそれ以上のエネルギーを持っている。自動車で言えばギアがニュートラルのままエンジンを空回りさせているようなもので、「症状」のために無駄にエネルギーを浪費しているだけのことである。人間には死にたくない、長生きしたい、という本能的なものから、人から認められたい、向上発展したい、といった高次なものまで、多様な「生の欲望」がある。特に神経質人間はそれが人一倍強いので、臥褥していることが苦しく、仕事をしたいという意欲がかきたてられることになる。絶対臥褥が終了してからは、次々と身の回りの仕事に手を出していくうちに、対人恐怖、不安発作、強迫観念、不眠といった神経症の症状はいつの間にか気にならなくなっていくのである。


 
 旧制中学時代に不眠症・強迫観念・胃腸症状などに悩み、学校に行けなくなってしまった若き日の鈴木知準先生(372)は森田医院を受診した。森田先生からは「意志薄弱者」と言われて入院を断られたが、奥さんと助手の野村先生の助言でようやく入院を許され、医院横の借家のボロボロの2畳の部屋で一週間の臥褥生活を送った。知準先生は大原健士郎先生との対談の中で「何もせず、ただ、すすけた天井のふし穴をながめるのみでたまに豆腐屋のラッパ、羅宇屋(ラオ屋:キセルの管の修理・清掃を行う商売)のチンチンという音、納豆売りの声を聞くだけの毎日が、過ぎていき、そのことで、私は、どうにもならぬ心になり切ったのでしょう。心機一転して、不安は不安でそれだけとなってしまったのです」と語っている(世界保健通信社:大原健士郎偏『森田療法』p.159)。1週間の臥褥生活が大きな転機となったのである。その後、知準先生はまるで別人のように勉強に集中できるようになり、旧制浦和高校さらに東大医学部に進学。診療所を開設して森田療法を行い、一生を神経症に悩む人のために捧げられた。


 
 今回、自分がICUに入院している時に頭に浮かんだのは、森田先生のこの言葉である。とにかく早く仕事がしたい、時間よ早く過ぎてくれ、と願い続けた。自分の「生の欲望」の強さを思い知った。それとともに、たとえいろいろな厄介事が次々と起きていても、仕事をすることができ、家で食事が食べられ、風呂に入れる、という何でもない一日が、とてつもなく幸福なことなのだ、と文字通り痛感した。まさに日々是好日なのである。



 今年も間もなく終わろうとしています。相変わらず無愛想なブログですが、いつもお読みいただきありがとうございます。皆様からいただきますコメントは私にとっても大変勉強になります。年末にアクシデントに見舞われましたけれども、おかげさまで何とか月10回更新を続けることができました。

皆様、どうぞよいお年をお迎えください。(四分休符)

« 神経質礼賛 859.まさかのICU(集中治療室)入院 | トップページ | 神経質礼賛 861.カロリーオフとカロリーゼロ »

コメント

週2回の更新というのは実際にやろうとすると大変なことですgoodshine
四分先生はそれをずっと守っていらっしゃるから、頭もハートもエネルギーがすごいですdash  

お怪我が快癒され、ますます全身全霊大回転で邁進なさる新しい年になることを
ファンの一人として応援しておりますhappy01

たらふく様

 コメントいだきありがとうございます。
 「神経質は重い車」のたとえの通りでして、動き出すまでが大変ですが、一旦動き出したら簡単には止まらない、というものです。ちょっとしたことでも積み重ねれば、それなりになるものですね。来年もしぶとく続けていきますので、よろしくお願いいたします。

先生、あけましておめでとうございます。話題が鈴木先生のことで、とても懐かしく思いました。(入院中は正月も経験したので・・・)今思うと、一年365日患者の治療されていたのですね、頭が下がります。鈴木知準先生の診察・臥褥の話題でしたが、先生は臥褥を終えると森田先生は知準先生の変化を見抜き、日中は部屋に帰らないこと、どうしても休みたい時でも壁に背中をくっつけないことと言われたとおっしゃっていました。(そんな厳しいことを言われたのは自分と大学生2名だけとおっしゃっておりました。)神経質人は分別意識が強いので、嫌なことはしないのがいけない、嫌なことにちょろっと入る、その動きが大切と何度も入院中教わりました事をしみじみ思い出しました。今年も嫌なことから逃げないことを心がけたいものです。

春 光 楽 楽

年の初めにあたり、なによりも、お怪我の快癒をお祈り申し上げます。そして、先生が記事をずっと書き続けていらっしゃることに敬意と感謝を感じつつ、私も参加させて頂くのが大の大の楽しみになっており・・本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

神経質様

 新年おめでとうございます。
 森田先生にしても知準先生にしても、365日診療日みたいなものですからすごいものです。そして、その人その人に合わせて臨機応変に治療をされていたということですね。マニュアル第一の治療ではそうはいきません。
 神経質人間は「嫌だ」と思うと手を出さないところがあります。嫌ながら必要であれば仕方なしにちょっと手を出してみると、気分も変わってくることがあるものです。知準先生がおっしゃったのはそのことなのでしょう。私も「嫌だ」が多くて時々反省しています(笑)。日々是好日そして、年々是好年です。今年も良い年にしていきましょう。

anxiety様

 あけましておめでとうございます。今日は晴れて春光にふさわしく、富士山もくっきり見えています。
 いつもコメントをいただきありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神経質礼賛 859.まさかのICU(集中治療室)入院 | トップページ | 神経質礼賛 861.カロリーオフとカロリーゼロ »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30